こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。

近年増加傾向の『年下彼氏、年上彼女』の恋人関係。

恋に年齢は関係ないわと強がりつつも、「彼より年下の女性へのコンプレックスを抱えてしまう」や、「素直になれない」等、年上彼女ならではの悩みを持つ方は少なくありません。

そこで今回は、“年下彼氏に末永く愛されるコツ4つ”をご紹介します。

■1、年齢の話題を振らない

年齢の差が大きくなるほど、「年上でいいの?若い子の方がいいのでは?」なんて不安になる女性は多いもの。

しかし、自分の不安を払拭したいからといって「ほんとは若い子がいいんでしょ?」や「ごめんね、若くなくて」といった卑下はNGです。

彼に「そんなことないよ」と否定してもらって安心したいための言葉になりますので、繰り返されるほど彼をウンザリさせやすくなります。

■2、先輩ぶらない

彼の少し未熟な面に対し、「若いね〜」「まあ、もう少ししたらあなたもわかるよ」などと、人生の先輩感を全面に出すのは得策ではありません。

彼は「バカにされている」「下に見られている」と感じてしまいます。同様にアレコレと口出しするのも控えましょう。

■3、彼を立てる

「年上だからシッカリしなきゃ」と張り切らずに、肩の力を抜いて適度に甘えるほうが2人の関係はうまくいきます。

苦手分野を彼に頼る、彼の特技を活かせるような遊びをするなど、心から彼を賞賛できるような機会を積極的に作ることをオススメします。

■4、容姿を磨く

年齢の差にかかわらず、若々しくいられるように容姿を磨きます。お肌のお手入れはもちろん、髪は若々しく見えるポイントのひとつですので、白髪があったら染め、艶々なヘアを目指しましょう。

年々代謝が下がり太りやすくなるため、ボディラインを保てるようにトレーニングやエステに通うなど、努力が必須です。お手入れの努力は必ず目に見える差となって報われます。

■おわりに

いかがでしたか?

ずっと愛され続ける年上彼女でいるために、今回ご紹介したコツをご活用いただけたら幸いです。(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)