別れ

どちらかが浮気をしたとなれば、決定的な別れの理由になりますよね。

でも一方にに非があるわけでもないんだけど、結局別れることになってしまった……なんてことも現実には起こる話です。
そこで今回は「誰が悪いわけでもないんだけど、彼女と別れた理由」についてご紹介します。

1、 タイミングが合わない

・「休日にデートに誘っても、向こうは友達と約束をしていたり。逆に彼女から誘われる日はこっちに予定が入っていたりで、タイミングが合わなすぎた。結局お互いに『何で俺(私)の予定に合わせてくれないの!?』とイライラすることが多くなり、別れました」(30歳/出版)

前もってデートの約束をしておけばいいのかもしれませんが、急な残業等でキャンセルしなくてはいけないこともありますよね。そうすると「俺達ってやっぱりタイミングが合わないんだなぁ……」と彼も萎えてしてしまうみたい。また約束をしていなくても、急に恋人に会いたくなるときもあるはず。そんなときに「いまから会えるよ!」と言ってくれる彼女だったら改めて運命を感じますよね。逆に毎回「ゴメン、今日はムリ……」と断られていたら、ちょっと気持ちが冷めてしまうのはわからなくもないかも。

2、 食の好みが違いすぎる

・「俺は寿司が大好きなんだけど、元カノは生ものが食べられなかったみたいで。そういうちょっとした食の好みの違いがストレスでしたね」(24歳/販売)

食の好き嫌いが違いすぎるとデートの時はもちろん、一緒に生活するにも困ってしまいます。「お寿司嫌いなのは人生損しているよ! おいしいから食べな!」なんて言われても、ただイラっとしてしまうだけでしょうし……。笑顔で楽しく食事をできる相手かどうかって、案外重要なのかもしれません。

3、 遠距離になってしまった

・「俺が海外に転勤することになったんだけど、遠距離してまで付き合いたいとは思えなかったんだよね。彼女のことは好きだったんだけど、別れることにしました」(28歳/外資系)

「好きだったら離れ離れでも大丈夫!」という男性もいますし、こちらも価値観の違いでしょう。とはいえ結婚まで考えていた相手に、遠距離だからという理由で別れを切り出されるのはショックなもの。お互いに納得ができるまできちんと話し合うことが大切でしょう。

おわりに

どれも結局はお互いの相性が合わなかったということなのかもしれませんね。
「誰が悪い」と憎みあうのではなく、相性が合わなかったけれど付き合えたことに感謝をして、円満に別れられたらいいですよね。(和/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから