こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。

『毎週デートしているし、毎日のようにLINEもある』など、「つきあっているようなもの。告白まで秒読みなはず」という時期はとても楽しいものですよね。

しかしそんなウキウキな時期だからこそ、やってしまいがちな“彼をイラつかせる行動”があるのです。イライラさせるだけならまだしも、「本命としてはダメだ」と思われてしまうと悲しすぎますよね。

そこで今回は“交際前にやったらNGなこと3つ”をご紹介します。

■1、連絡の義務化

LINEやSNSメッセージの普及によって、手軽にいつでもどこでも連絡ができる現代。それに慣れてしまい、「なんでLINE返してくれないの?」と数日返事が遅れただけで責めてしまったり、「連絡ないので心配です」と案じるふうに返信を催促したり、“連絡してよ〜!”という義務のオーラを感じさせてしまうのはNGです。

交際前にこれをしてしまうと、彼は「つきあってもいないのにコレなら、交際後はマメに連絡を求められることになる……」とマイナスな印象になってしまいます。

 

■2、ヤキモチを妬き束縛する

好きな人の周りの女性にヤキモチを妬いてしまう人は少なくありません。しかし、怒りや束縛として彼にぶつけてしまうのはNGです。「あの子と楽しそうに喋っていたよね。悲しくなるからやめてほしい」「他の子と会わないで」など。束縛するような発言をしてしまうと、「彼女じゃないのに何で言われなきゃならないの」「つきあったら面倒そう」と重苦しく感じさせてしまいます。

 

■3、彼の話を周りにしまくる

恋をしていると楽しくて、つい周りの人に言ってしまう女性は多いです。しかし、同僚や学校などで『彼と共通の知人が多い』のなら要注意。

知人が彼に「◯◯ちゃんからデートの話聞いてるよ」「△△君って照れ屋なんだってね、◯◯ちゃんから聞いたよ」などと他愛もない話題から、「オレのいないところでプライベートなことをペラペラ喋っているのか」と戦々恐々としてしまうことも。

恋愛のことは第三者からアレコレ言われたくないし、知られたくないという男性は少なくありません。交際前に彼の話をしたいなら、彼と接点ゼロの友人だけにしておきましょう。

 

■おわりに

いかがでしたか?

彼女になってからなら多少受け入れられることでも、交際前では「本命の彼女にしたくない」と思われる原因になることも。“つきあう間際”のときほど彼の気持ちを慮りましょう。(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)