元カノが許してくれる人だったのなら、謝らなくても許されていた

決して浮気なんかしない男子もいるというのに中には「つい、軽い気持ちで」浮気をしてしまう男子がいます。

その、「つい浮気した」というのが理解できないのですが、いったいどんな背景からくる軽い気持ちなのでしょう? 詳しく検証してみたいと思います。
つい、軽い気持ちで浮気をしてしまう男子

彼女に戻るんだから「ま、いっか」

「結局戻るんだからかまわないでしょ」という謎の理屈。「本命彼女よりは愛さないのだからいいんだよ」という意味でしょう。

裏を返せば「彼女が最高。彼女以上の女はいない」と言っているようなものですが、恋愛というか、付き合いを甘く見すぎています。ほとんどの「つい浮気男子」の頭の中は「彼女に戻る」だと思いますが、軽いチャラ男タイプです。

ストライクゾーンが広い

ストライクゾーンが広い男は浮気しやすい
ストライクゾーンとは、その名の通り「ほとんどストライク」。嫌いなタイプの女性がほとんどいない、そんな間口が広いタイプの男性です。来るものは拒まず、女性のほとんどがよく見えてしまう世界なのでしょうね。

道行く人やあらゆる人が魅力的に見えてしまえばつい、浮気もしてしまうのでしょう。「えっ、あんな子がいいの?」と驚くことも多いですが、男性のストライクゾーンは思ったより広いです。

押しに弱い

女性からアタックされたら断れない性格で、はっきりノーと言えない男
女性からアタックされたら断れない性格で、はっきりノーと言えない。断ったらなんだか悪い気がする。かわいそうに思える……と、優柔不断ではっきりできない男性や、押しに弱く「そこまで言うなら。こんな自分を好きになってくれるなんて、ほんとありがたいな」と斜め上の考えをする男性と二種類います。

押しに弱い男性は結構多く、押せば高い確率で付き合えたりはします。でもその後にすぐ逃げ出そうとするのも、この性格の男性ですね。

行動力あり

めんどくさがりではないうえ、なにごとにも興味津々のアクティブな人だと、面倒くさがらず浮気相手の元に通ったりします。その女性に好奇心がある場合と、「浮気をしている」自分の行動に新鮮さを感じている場合があります。

今まで許されてきた

元カノが許してくれる人だったのなら、謝らなくても許されていた
元カノが許してくれる人だったのなら、謝らなくても許されていたり「これは悪いことだ」とはっきりインプットされていないため、なにひとつ学習していないことがあります。

たいていの男性なら「謝っても彼女はしばらく許してくれなかった」「罪滅ぼしや彼女への信頼回復が大変だった」など苦労があり、学習しているはず。そういうことがないので浮気について軽く考えていることがあります。

もともと秘密主義

そのほか、彼がもともと語らない秘密主義や、何をしているか普段からよく知らない場合。それなら本気の浮気はないまでもワンナイトでつい、ということもあるかも。

つい浮気、でも戻ってくる何かが理由が本命彼女にある。それは相当の居心地のよさと彼女の素晴らしさでしょう。
つい浮気は、環境と心構えから来るものなのでそこから直さなければいけません。ですが、放っておいても戻ってくる男でもあるので、“放っておき具合”を上手にコントロールすることが大切でしょう。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから