2017.11.14

しばらく彼氏がいないとか、そもそも恋愛経験があまりない、という女性は「自分の理想が高すぎないか? 実現可能なものかどうか?」を、一度見つめ直してみた方が良いかもしれません。

たとえば、美形の男性が好みだったり、お金持ちが好きだったりするなら、彼氏候補とする人の条件をもっと幅広くしてみると良さそうです。
あるいは、生身の男性が苦手でマンガやアニメのキャラクターに恋してしまう、アイドルや芸能人にしか興味がないという場合は、ちょっと自分に厳しくなって現実に目を向けてみるとか。

いずれにしても、彼氏がほしいと思いながらも、彼氏ができにくい要因を持っているのであれば、それを少しでも解消する努力はしたほうが良いといえます。

恋愛は顔でするわけじゃない

婚活であれば、相手に求める年収額の理想が高すぎる、という女性は結構います。
でも、恋活で「理想が高い」という場合、男性の容姿を気にする女性が多いでしょう。
モデル並みのイケメンを望んでしまい、合コンや街コンに出かけても「ブサ男ばっかり」とガッカリしてしまうのです。

けれど、恋愛とはつまり人間関係であり、親密になるほど外見の良し悪しは関係ありません。
周囲に彼氏を紹介して羨ましがられたり、ケンカをしても彼氏がイケメンだと仲直りしやすかったりしますが、そういった部分は恋の最重要ポイントでもないのです。

美形でも性格が悪く、思いやりのない男性だっていますし、モテるイケメンほどチヤホヤされることに慣れていて周りの女性たちも放っておかないので、恋人にすると苦労が多いといえます。

注目すべきはやっぱり、見た目ではなく中身でしょう。

 

女性は「選ばれる立場」を取る

これは、豊富な恋愛経験を持つ人ほど実感するようですが、「イイ女ほど選ばれる」といえます。
自分から出会いを求めて、ガツガツとアプローチしなくても、ちゃんとふさわしい男性に選ばれるんだそうです。

また、ちょっとスピリチュアルな話になりますが……人は誰でも自分の『格』を示すようなものを漂わせています。
オーラだったり、波動だったりと表現はさまざまありますが、そういったものは同格・同質の人間を引き寄せるといいます。

ですから、包容力があって優しく、高い人間性を持つ彼氏がほしいと望むなら、自分自身も大らかで誰に対しても愛情を持って接するなど、人として向上する必要があるかもしれません。
もっとわかりやすく言うと、お金持ちでイケメンの彼氏を求める、理想を高くするのであれば、女性側も外見を良くして、仕事面でしっかりとしたキャリアを確立させないと釣り合いが取れない、ということなのです。

高い理想を持つほど、それに見合う自分を確立できているのかを確認しましょう。

 

まずは、良い人間関係を築く!

男性がそもそも苦手で彼氏ができにくく、理想を二次元に求めちゃう場合は、「恋をする」ではなく「良い人間関係を築く」と考えてみましょう。
恋愛とはつまり人間関係ですから、職場や友人との付き合いで心掛けていることを男性に対しても意識するのです。

一人の人間として身近に接する男性と接していくと、少しずつでも考え方は変わっていくんじゃないでしょうか?
「男性が苦手」「生身のオトコは汚い」というものは思い込みに過ぎず、知らず知らずのうちに理想を高めて恋を遠ざけていただけなのかもしれません。

リアルな人間関係には美しくない面もあるでしょうけど、それが現実を割り切れるようになれたり、「オンナもオトコもお互いさま」と思えるようになれたりするはずです。

 

おわりに

理想を高く掲げることは、素晴らしいことです。
それだけ上昇志向があるという意味ですから、決して悪いわけではありません。

ただ、高い理想を現実逃避のきっかけにしたり、自分のことは棚に上げて他力本願でステイタスを上げようと思っていたりすると、恋を遠ざける原因になってしまいます。

天秤の片方に男性を乗せて、もう片方に自分が乗るイメージをすることは大事だといえます。
理想の彼氏像に対して、自分は釣り合っているのかどうかを確かめれば、現実的にどんな男性を求めるべきかが見えてくるはずです。(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)