今までそれほどモテてこなかったけれど、何となく見栄を張りたくなってモテ自慢をしてしまった……なんて経験のある人はいませんか?

でもそれこそ男性は男ゴコロのプロですから、そんな嘘は簡単に見破られてしまいます。

そこで今回は「男性が『実はこの子モテてこなかった…?』と思った瞬間」についてご紹介します。

1、 お世辞を真に受けている

・「男が言う『かわいいね~』『きれいだね』を真に受けているとモテてこなかったのかなと思っちゃいますね」(27歳/販売)

もちろん本気で褒めてくれている場合もありますが、出会ってそうそう「かわいい」と口にできる男性は、たいてい色んな女性に言っています。

それを大喜びで「かわいいって言われちゃったなう」なんてツイートしていた日には、ちょっと痛々しく見えてしまうでしょう。ただ「かわいい」と言われて照れているのは、初々しくて本当にかわいいそうですよ。

2、 ナンパを武勇伝のように語る

・「ナンパする男って遊べそうで軽い女の子を探しているだけだからね。だからナンパされたっていうのは自慢にも何にもならないと思う」(30歳/営業)

ナンパだと思っていたら実はキャッチだった……。なんてこともありますからね。また「美人よりも普通っぽい女性のほうが声を掛けやすい」と言っているナンパ師も。

ナンパをモテ経験のひとつとして語るのはやめておいたほうが良さそうです。

3、 ひと昔前のモテファッション

・「ちょっと前に流行ったであろう花柄ワンピにニーハイ、みたいなファッションをずっとしている子を見ると、『まだモテると思ってその恰好しているのかな?』と思っちゃう」(28歳/広告)

こちらはかなり大きなお世話といった感じですが……。それでも流行が変化するとともに、モテファッションも少しずつ移り変わってきています。

最近ではシンプルコーデも支持されているので、男性ウケすると思ってしていたガーリーコーデが逆に「必死過ぎ!」と取られてしまうことも……。

いまはモテばかりにこだわらない、自分のしたい恰好が受け入れられる時代なのかもしれません。

4、 恋バナばかりする

・「せっかくふたりで会っているのに過去の恋愛話ばかり聞かされると、何となく粋がっている感じがしちゃいますね」(29歳/医療系)

本当にモテてきた人って恋愛自体が特別なものではないので、そこまで恋バナをしようとは思わないんですよね。

逆に経験値が浅いからこそ、「私だってこんなに恋しているのよ!」と男性に恋バナをぶつけてしまうのかもしれません。

ただ聞かされている方としてはどうリアクションしたらいいのかわからないもの。異性への生々しい恋バナはほどほどにしましょう。

おわりに

モテ自慢をしてしまうと、かえって痛々しく見えてしまう場合も。

恋愛経験豊富ならその余裕さはオーラとなって出ますし、逆にウブさは強い武器になります。

せっかくならありのままの自分を見せていきましょう!(和/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから