こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。

あなたは恋人と同棲したいですか?
「好きな人と毎日一緒にいられる」「家賃が半分になる」「会える時間が増える」など、
様々な理由から同棲に踏み切るカップルは多いです。

しかし、同棲したが故に「長い春」になったり、破局してしまうカップルも多いのが実情です。
今回は、同棲で結婚が遠のく3つの理由をご紹介します。

同棲

1:夢の結婚生活が単なる日常へ

「彼女とずっと一緒にいれたら、どんなに幸せだろう!」
それは男性にとって結婚へ踏み出す動機になります。
同棲してしまうことで、“夢に描いた生活”が“日常”になってしまうのです。

人は“問題がない限り、現状維持したがる習性”があります。
男性からしたら、毎日一緒にいられる状況で結婚するのは“責任だけが重くなる”ような感覚に……。

ですので、同棲をすると“あえて結婚に踏み出す気持ち”がなくなりやすくなります。

 

2:ときめきがなくなる!?

同棲することで“ときめきが薄れやすく”なります。
一緒に暮らしているとゴミ出しやトイレ掃除、洗濯物など、
ときめきとは対極にあるような雑事がたくさんです。

さらに「会いたくて会えなくて、想いが募る」という環境がなくなります。
「会いたくてたまらない!」と気持ちがヒートアップする前に、毎日顔を合わせてしまうからです。

毎日会っていることによって、恋人のときめきよりも、家族のようになっていきます。

 

3:イライラからケンカが多くなる!?

仕事で大変なときや疲れているとき、同棲相手にイライラをぶつけやすくなります。

彼の分も家事をがんばってしまう女性は、さらに要注意。
仕事と家事に追われ、そんなときに生理やPMSが重なると、
彼のちょっとした言動にイライラを爆発させてしまう可能性が高まります。

また、男性は「仕事で疲れているから、1人でボーッとテレビ見たりゲームしたい」
というような“ひとりの時間”を必要とするタイプが多いです。
そんな時に1人になれない環境だと、ストレスが溜まってしまいます。

ストレスからお互い優しくなれなくてケンカが増え……破局なんてことにも。

 

いかがでしたか?

同棲をするとしたら「結婚前提で入籍日が決まっている状態」をオススメします。
また、1人になれる部屋があるような家を選ぶことで、ストレスをぶつけにくくなります。(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)