時間と労力をかけても中々良い出会いが無い、そんなときに考えることが「もうやめよう」ということです。

今回は、そのように恋活や婚活をやめたいと思った場合に考えたい3つのことについてお伝えします。

1:独りで生きるのか

恋活や婚活をやめて独りで生きていく覚悟があるのかは冷静に落ち着いて考えましょう。

「疲れたから活動をお休みする」というレベルなのか、「もう一生独りで生きていく」という決意と覚悟のレベルなのか。

そして、独りで生きていくと決めるのであれば、それに見合うだけの恋活と婚活をしたと言えるのかを、胸に手を当てながらしっかりと考えてみましょう。

一旦疲れたからやめるというレベルの方は、どうすれば疲れないのかをしっかりと考えてみましょう。

2:やめている間の時間は二度と戻ってこない

恋活、婚活をしていない期間というのは、二度と戻ってはきません。

後悔しても、お金を払っても、時間というのは巻き戻せません。

やめることは簡単ですが、二度と戻ってこない、その期間を設けることが、本当にあなたとして必要だと思うのかをできれば、1人で旅に出て、喧噪を離れ自然を見ながらゆったりとした気持ちで考えてみましょう。

それでももう限界だと感じているのであれば、突如すべてをやめるのではなく、たとえば、1か月は一旦一休みをして再度考えるというように考えるタイミングを決めていきましょう。

3:「なぜやめたいのか

やめたらどうするのか、どうなるのかを考える人は多いのですが、なぜやめたいのかを考える方はあまりいません。

始めた当初はエネルギー、期待に満ちており、積極的に活動を続けていこうと思っていたはずです。

それが「なぜ」やめたくなっているのか、やめたいと感じるようになった原因は何なのかをしっかりと掘り下げて考えてみてください。

そうしないと、一時期休んだとしても、またやめたくなってしまいます。

また、二度としないと決意したとしても、また始めたくなってしまいます。

やめたいと感じたときは、ある意味あなた自身の恋活・婚活に対する本質的な期待と現実のGAPを洗い出す大きなチャンスになります。

 

続けることは難しく、やめることは簡単です。

恋活、婚活はとてもエネルギーを使う活動ですので、あなたの置かれている状況によっては、そのエネルギーを使うことができないこともあるでしょう。

くれぐれも一時の感情で突然やめたりすることが無いように今回のヒントも参考にしながらしっかり自分と向き合う時間を取るようにしましょう。

お坊さん        恋愛コーチ さとちゃん 合掌

(愛カツ編集部)