食事デートでイラッとされること

食事デートは2人きりで色んな話ができたりするので、気になる男性との距離を縮めるには絶好のデートでしょう。

でも、そこで男性をイライラさせるような行動を取ってしまうと、逆に「この子はないな」と思われてしまう危険性も秘めています。

そこで今回は、「食事デート」で男性がイラッとする瞬間を紹介します。

食事デートでイラッとされること

■食べきれないほど「注文する」

たくさん頼むのは悪いことではないですが、ムダに頼みすぎるのはNG。
頼んだのに食べきらずに残しまくっていたりしたら、「育ちの悪い子だな」と思われてしまうだけ。

いきなり何でもかんでも注文するのではなく、まだ食べられそうか様子を見ながら注文するのは当然のことです。

食べきれないほど注文する女性は何も考えていないようにも見えてしまうので、男性からの印象もかなり悪くなることでしょう。

■全てを「写真」に撮る

SNSにアップするために、美味しそうな料理を写真に撮るという人はかなり増えてきています。
でも、デート中にそれをやってしまうと、男性の機嫌を損ねてしまうかも。

1~2品ならまだしも、出てくる料理を全て写真に撮ったりしたら、男性も呆れてしまうはず。
しかも、写真を撮っている間は食べずに待っていなきゃいけないのも、イライラさせる大きな要因になりますよ。

■「自分のこと」しか考えていない

自分の食べたいものや自分の好きなものばかりを注文する。
これも男性には、「自分のことしか考えていない嫌な女」という感じに映ってしまいます。

また、自分だけ先にデザートを頼み出したり、自分の飲み物しか注文しなかったりするのも、かなりのマイナスポイント。

ちゃんと相手の男性に対する気配りも見せないと、「彼女には絶対にしたくない」という結論を出されちゃうだけですよ。

■「文句」ばかりを言う

注文したものが出てくるのがちょっと遅いだけで不機嫌になったり文句を言ったりするのは、デートでは確実にNG行動。

店員さんの態度に文句を言ったり、料理の味を批判したりするのも、一緒にいて男性がいい気分にはなれないでしょう。

しかも、男性が選んだお店だった場合は、男性はなんだか自分のセンスを批判されているような気分にもなります。

最初のうちのデートでは、なるべく文句や愚痴などはこぼさないようにしないと、「またデートしたい」とは思ってもらえなくなるかも。

おわりに

食事デートは、お互いに相手のことを見極める場でもあります。だからこそ、相手のことを考えずに自分勝手な行動ばかり取ってしまうと、そのまま恋愛対象外にされてしまう可能性はかなり高くなりますよ。(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

気になる彼をどうやってデートに誘えばいいか分からない、デートで彼に気に入ってもらうにはどうしたらいい?

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから