クリスマス
2017.12.7

今年もあっという間にクリスマスシーズンに。しかし毎年のごとくクリスマスはどちらかが仕事……というカップルも多いのではないでしょうか。

そこで今回は「クリスマス当日が仕事の彼にしてあげると喜ばれること」についてご紹介します。

クリスマス

1、 振替デートを提案

いくら仕事終わりは空いているとはいえ、次の日の朝も早いことを考えると、当日のデートはなるべく避けたいもの。しかも年に一回しかないクリスマスデートは、中途半端に実行するのではなく、男女ともに気合を入れて臨みたいですよね。ここは彼女のほうから気を遣って「じゃあ別の日にデートしよう!」と伝えてみましょう。「クリスマスに会えないんだから、ちょっとくらいのワガママなら聞いてよね!」と言ってもかわいいかもしれません。彼も彼女が怒っていないとわかれば、安心してくれるはずですよ。

2、 お家デートにする

どちらかがひとり暮らしなのであれば、夜にまったりお家デートをするのもアリでしょう。その際は彼の負担にならないよう、女性がおもてなしをする側にまわってあげましょう。彼女の手料理を食べながらのんびりするクリスマスは、仕事終わりの疲れた身体に染みるはず。またいつもとは少し違う特別な日だからこそ、彼の気持ちも変化する可能性が。結婚願望がなかった彼でも、もしかしたら「ふたりで住むって良いかも……」と思ってくれるかもしれません。

3、 プレゼントを郵便配達

せっかくのクリスマスなので、サプライズを仕掛けてみても良いでしょう。とはいってもあまり大掛かりなものだと彼を疲れさせてしまいます。ここは直接会いに行くのではなく、彼の家にこっそりメッセージ入りプレゼントを送ってみましょう。彼女からのプレゼントがポストに届いていたら、仕事の疲れも吹っ飛ぶでしょう。

4、 とにかく褒める!

クリスマスのデートなどももちろん大切なのですが、男性がしてもらいたいことって形に残ることだけじゃないそう。「クリスマスなのに仕事頑張ってエライね!」「あまり無理しないでね」などと彼女から優しい言葉をかけてもらえるだけで、男性はすごく嬉しい気持ちになるそう。特に褒め言葉は効果絶大! こちらもクリスマスという特別な日だからこそ、彼の心にいつまでも良い記憶として残るでしょう。

おわりに

クリスマスが仕事の彼を責めるのではなく、労わってあげるのが鉄則!
その上でふたりにとって最適なクリスマスデートプランを提案してみてはいかがでしょうか。(和/ライター)

(愛カツ編集部)