昔から「恋は盲目」と言いますが、あまりに相手に夢中になりすぎて、周りが見えなくなってしまうこともよくある話です。今回は、片思い中にやってしまいがちなあるあるネタをご紹介します。あまりに必死になりすぎてドン引かれないよう、ご用心。

彼好みになりたくて…

「好きだった彼が『守ってあげたくなるような、はかなげな女の子が好き』と言っていたのを小耳にはさんだ私。か弱い女性にみられたくて、彼の前ではやたらと体調が悪いことをアピール。そしたら彼から『お前、ずっと風邪引いてるな。体調管理できてないんじゃね?』と冷たい一言。」(25歳/会社受付)

「彼の理想の女性が『どことなくミステリアスな、陰のある女性』って聞いたから、ずっとうつむき加減で少し暗めの女性を演じていたら、あだ名が『亡霊』になってた」(29歳/ホテル勤務)

意中の彼に振り向いてもらうために、彼好みの女性になりたい!そんな涙ぐましい乙女心もベクトルを間違えるととんでもないことに。やはり、ありのままの姿で勝負するのが一番!なのかもしれません

少しでも顔が見たくて…

「彼に自分を印象つけたくて、彼の行動を徹底リサーチ。住んでる場所や会社の最寄駅、休日によくいくカフェを調べました。会社の帰りは彼の利用する駅で待ち伏せ、休日は彼が現れるまでカフェで粘って、彼を見かけたら「奇遇だね」なんて偶然を装ってました。これで彼も私と運命を感じてくれるはず、って思ってたのに、気がついたらストーカー扱いされてました…」(27歳/会社事務)

好きな人に偶然を装って会う、というのは片思いあるあるの行動のひとつ。ただし、行き過ぎると相手に気味悪がられてしまうこともあるのです。何事も、ほどほどが一番。

送るつもりじゃなかったのに…

「夜寝る前に、彼あての愛の告白LINEを作成しては、送信せずに消去、を繰り返してました。読まれないのをいいことに『キスして欲しい』とか少々過激な内容も。ある日、消去したつもりが送信してしまい、見事自爆しました」(30歳/美容師)

「酔っぱらって、友達に彼がいかにかっこよくて素敵か、というLINEを長々と送ったつもりが、間違えて本人に送っていました」(26歳/公務員)

あふれる恋心を誰かに話したくなったとき、便利なツールがLINE。でも、くれぐれも誤操作には気をつけて。その一文が命取りになるケースもあるのです。

 

片思いのときって、なんだか舞い上がってしまい、後で振り返ると「私、なんであんなことしたんだろ…」なんて気持ちになる行動をしてしまいがち。「あるある」なんて笑っているそこのあなた、誰かと恋に落ちたとき、同じ失敗をしてしまわないよう、くれぐれもご注意あれ。

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

家族や友達にも相談してみたけど、この片思いをどうしていいか分からない…。

そんなときは心理カウンセラーなどの専門家に直接相談して解決してみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みを解決します。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから