元カノが許してくれる人だったのなら、謝らなくても許されていた
2017.11.26

「なんか最近、彼から好かれている自信がない…」と悩んでいませんか?最初の頃のような熱烈な愛情表現が少なくなると、さみしく感じますよね。

ただ、男性の中には付き合う期間が長くなるほど愛情表現が少なくなる人もいます。ではどういった行動が、彼の気持ちが冷めてきているサインなのでしょうか?男性の体験談を元に、気持ちが離れているときにありがちな、3つのサインをご紹介します。

元カノが許してくれる人だったのなら、謝らなくても許されていた

連絡の頻度が減った

「好き!と気持ちが盛り上がっているときには、暇さえあれば彼女に連絡してしまいますが、彼女への愛が冷めてくると連絡も減ります。仕事とか遊びとかを優先してしまって、気づいたら3日以上返事をしていない日も。」(27歳/美容師)

本当に仕事が忙しくて連絡できないケースもありますが、連絡がきたときの文面に焦りが感じられなければ、彼の中であなたの優先順位が下がってきている証拠かも。

ただ、返事が来ないからと何度も連絡するのは逆効果。彼から連絡がきたタイミングでかわいく甘える程度にしておきましょう。

彼からデートのお誘いがなくなった

「気持ちが冷めているときは、自分からデートに誘わなくなります。貴重な休日に、そんなに好きでもない彼女と遊ぶぐらいなら、気の合う友達と遊んだり、1人でゆっくり過ごした方がいいかなと思って。」(30歳/SE)

付き合ったばかりの頃は頻繁にデートしていたのに、最近誘うのはなぜか自分ばかり…という人は、彼の気持ちを確かめてみた方が良いのかもしれませんね。

スキンシップがなくなった

「自分でも気づかなかったのですが、少しずつスキンシップの回数が減ってきていました。気づいたのは別れを切り出す直前。手をつないだり、キスをすることも最近なかったなと思います。」(28歳/営業)

とくに分かりやすいサインが、スキンシップの頻度。大好きな彼女とは手をつないだり腕を組んだり、彼からキスをしてみたりと、何かしら愛情表現をしたくなるものです。最近彼からのスキンシップが減ってきていませんか?

あなたの彼に当てはまるサインはありましたか?ただ、心当たりがあったからといって諦めるのは少し早いかもしれません。

付き合いが長いカップルは、きっとうまく倦怠期を乗り越えてきたはず。ピンチはチャンスです。いつもと違うデートプランを提案したり、普段着ないテイストの服を選んでみたりして、最初の頃の新鮮な感覚を彼に思い出してもらいましょう。

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから