不倫や略奪愛といった「危険な恋愛」の予感がした時。あなたは突入しやすい?それとも、そんなものには近寄らない?
踏み込んではいけない恋愛だけれども、本当の自分はどうなのでしょうか。いざ危ない愛に直面した時、どう対応するのかを12星座別に占います。

●牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)足を踏み入れやすいタイプ

相手の状況にかかわらず情熱のまま突進していくあなたは、不倫・略奪愛に足を踏み入れやすいタイプといえます。好きになったら手に入れるまで気がすまないので、半ば強引に相手を禁断の恋に引き入れることも。そして、熱が冷めれば禁断の恋も終わります。

●牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)ドツボにハマる危険性が…

不倫・略奪愛には抵抗を感じ、危ない恋愛には近づきたがりません。しかし、ひとたび愛情を抱くと、同時に強い執着心が生まれ……うっかりドツボにハマる危険があります。さらに、忍耐強い一面も発揮され、長期戦になっても耐えられてしまいます。近寄らないのが一番。

●双子座(5月21日~6月21日生まれ)面倒ごとが苦手

面倒ごとが嫌いでドライなので、基本的には不倫・略奪愛とは縁の薄いタイプ。ただし、不倫への好奇心から、ごく軽い気持ちで危ない橋を渡ってしまうことがあります。計算高い面があるので、相手の条件がいい場合は、おいしいとこだけいただくかも。

●蟹座(6月22日~7月22日生まれ)自己嫌悪に陥りがち

家庭的な愛情に満ちていて、人を思いやる気持ちにも長けているため、奪ったり壊したりという恋愛をする可能性は低いようです。たとえ禁断の恋に足を踏み入れたとしても、その後ろめたさに耐えられず自己嫌悪に陥り、早々にその恋を手放すでしょう。ふた股をかけるのも苦手です。

●獅子座(7月23日~8月22日生まれ)恋愛観は超マジメ!

華やかで楽しい恋愛を好み、積極的に行動しつつも、恋愛観は超マジメ。筋の通らないことは大嫌いで、不倫・略奪愛に踏み切ることはほとんどありません。道に外れたことになるならひとりでいるほうがマシ、と思っています。誘ってきた既婚者に説教する勢いです。

●乙女座(8月23日~9月22日生まれ)禁断の愛に興味津々!?

秩序を重んじ、常に誠実でありたいと願う乙女座。不倫・略奪愛とは無縁に思えますが、実は禁断の愛に興味津々。普段自分を抑制している分、始まってしまうと止められません。その愛に酔いしれる前に、運命なのか見せかけなのかを見極めましょう。

●天秤座(9月23日~10月23日生まれ)危険な恋も楽しんじゃう

恋愛をライトに楽しむ傾向があり、不倫・略奪愛を特別視しません。デートしたりHしたりする、普通の恋愛の一環として捉えています。好きになった相手にパートナーがいるだけなのです。あなたが不倫をした場合、苦しむのはたいてい相手の方でしょう。

●蠍座(10月24日~11月21日生まれ)一途で情熱的

情が深く、一途なあなた。その溢れる情熱から不倫好きにみられがちですが、愛情や人とのつながりを人一倍大切にするため、不倫・略奪愛は避ける傾向にあります。しかし一度でも体の関係を持つと、相手に対する愛情が無尽蔵に湧き出し、自分を抑えられません。

●射手座(11月22日~12月21日生まれ)面倒事に関わりたがらない

束縛されるのが嫌いで、面倒なことが苦手。制約が多い不倫や、ひと手間かかる略奪愛とは関わりたくないと思っています。そのおおらかで自由な恋愛性格を目当てに、どちらかというと既婚者や恋人のいる人から狙われることの方が多そうです。

●山羊座(12月22日~1月19日生まれ)勝算があれば本気出す!?

物事を現実的に捉え、計算高いあなた。恋愛にも費用対効果を求めます。不倫や略奪愛は普通の恋愛に比べ、不利益な部分が大きすぎるので、まず手を出しません。しかし勝算があると判断したら本領を発揮。相手をゲットする可能性は高いでしょう。

●水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)割り切って楽しむ

つかず離れず、執着心もあまりない恋愛観。不倫も人付き合いの一環、自分を磨くチャンスと割り切って楽しめるようです。不倫相手やセカンド女になったとしても、重要なこととは捉えません。しかし基本的に受け身なため、略奪愛には向かないでしょう。

●魚座(2月19日~3月20日生まれ)ハマりやすいけど向いていない

情に流されやすく、モラルに欠けがちな恋愛面を持つため、誘われるままに不倫に発展する可能性大!求められることに喜びを感じ、惜しみなくすべてを捧げる人。でも、人から奪うことはできない優しい心の持ち主。禁断の愛にハマりやすいけれど、向かない人です。

 

もし、既婚男性に誘われたら……不倫や略奪愛に対する考え方と対応の仕方によって、人生が大きく変わる可能性があります。自分の傾向を知り、正しく幸せな道を選んでください。(麻音/占い師)

(愛カツ編集部)