恋愛をしていく上でできれば避けた方が良い行動

「最近、彼が遊び人だと知ったわたしは、彼に遠まわしに『最近、浮気が流行ってるから気をつけてね』と冗談で言ったのですが、すごい形相で怒られてしまいました。『せっかく会いに来たのに、そんな会話しかないの? こんななら、この先一緒にいられないかも』と。やましい事があるから怒るんですよね? そんなに私の言い方がまずかったのでしょうか? 本気で責めたわけではないのに、こんなに逆ギレされるなんて……もう、あきらめて別れたほうがよいでしょうか?」

恋愛をしていく上でできれば避けた方が良い行動

 

■彼が怒る2つの理由

人はホントのことをズバッと言われたらキレやすいので、彼はホントに浮気しているのかもしれませんね、というのが、おそらく誰もが思いつく答えだろうと思います。

ほかの可能性は?

「こんな、次元の低いことを言ってくる女と、おれはつきあっているのか」と、彼はあなたに心底ガッカリしたから、という理由が考えられるように思います。

たとえば彼は浮気(浮気エッチ)をしているわけではなく、たくさんの女友達と節度をもって楽しく遊んでいるとしましょう。遊び人の男子がみな、節度をもって遊んでいないわけではないですよね。節度をもって遊んでいる男子だっていますよね。

そういう男子に「浮気に気をつけて」と言えば、「君は、おれが浮気しているとでも思っているのか?」と、当然思うでしょう。「ふざけた野郎だぜ」くらいのことを思う男子だって、いるかもしれない。

でも彼は節度をもって、理性的に遊んでいる。つまり賢い遊び人です。となると彼は、当然「彼女はおれのことを、浮気なんていう、理性のかけらもないようなことをするレベルの低い男だと認識しているのか」と思います。

このへんがある種の男子の理性の限界だから、彼は怒ります。

 

■「こうありたい自分」を見ていない彼女が悪い?

この説をさらに発展的に述べるなら、彼は「こうありたい自分(理想の自分像)」と「それを他者に理解してもらえない自分(現実の自分像)」とのギャップに、人知れず苦しんでいるのではないかと思います。

浮気エッチせずに節度をもって、多くの女友達と紳士的に遊んでいるという前提をそのままにするなら、彼はたとえば「女友達と遊びに行くのなら、1万円多めに持っていきなさい、いい男がいざというときお金がないようでは、男がすたるから」と、1万円を彼女ににぎらせてもらいたいと思っているのかもしれません。

この1万円でほかの女子と遊びたいと、彼が思っているわけではありません。自分がやっていることを認めてもらいたい、自分がやっていることの背中を押してもらいたい。「おれのことをもっと理解して、それを上まわるフォローを、彼女にしてもらいたい」こう思っているのではないでしょうか。

あなたは「理性的な彼」を見抜くことなく、「女友達と遊んでいる」という表層のみを見て「浮気に気をつけて」と言う。こんな彼女に、「こうありたいと願って、そこに向かって努力しているおれを見ていない女だ」と、彼はガッカリしているのではないでしょうか。

* * *

余談。母親から「麻薬で捕まっている芸能人が多いけど、あんた、麻薬やってないやろな?」と電話がきたとき、ぼくは心底、母親にガッカリしました。

この一文のニュアンスが即座に理解できた人は、この彼氏が、彼女に怒る理由が理解できるものと思われます。(ひとみしょう/文筆家)
(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから