付き合い始めはあんなに幸せだったのに、最近はトキメキがなくてマンネリ…という人は、彼の愛情に気付けていないだけかも。特別な言葉やサプライズだけが、愛情表現ではありません。

聞いているだけでほっこりしちゃう、女性たちの「彼に愛されてると感じる瞬間』のエピソードをお届けします!

朝起きると見つめられていた時

直接の言葉や行動で相手に伝えるだけが愛ではないはず。無意識に彼女の顔をじっと見つめてしまうのは、心から想っている証拠かもしれません。

「お泊りデートをした翌朝、目が覚めた瞬間彼と目が合ってドキッ。彼はすでに起きあがっていたのでいつから私を見ていたのか分からず、『どうしたの?わたし寝言いってた?』と聞くと、『いや、なんか愛しいなぁと思いながら寝顔見てただけ』と照れながら言われました。愛してくれているんだなぁと幸せすぎて、朝から満たされた気持ちになりました」(30歳/部品メーカー事務)

彼の優しく温かいまなざしが想像できますね。目覚めた瞬間に好きな人と目が合う幸せは、この上ないはず。

忙しいなか時間をかけて会いに来てくれた時

忙しいなか連絡をくれたり会いにきてくれたりすると、じんわりと彼の愛情を感じるという声が多くありました。

「暑い夏の日、仕事で1日中外を歩き回っていたら軽い脱水症状症のせいか街中で倒れてしまいました。病院で処置してもらい、数時間横になっていると元気に。でも帰宅後、夜一人になると不安になって彼に電話。本当は彼の仕事が忙しいことで2週間は会えないはずだったのに、仕事を終えた真夜中に1時間かけて会いに来てくれたんです。『あんな声聞いたら心配で』と言う彼に、愛を感じました」(26歳/家電メーカー営業)

大好きな彼が隣にいてくれるのは、当たり前ではありません。自分のために、短い時間でも会いに来てくれる彼がいたら、その愛をしっかり感じて感謝してくださいね。

自分のために苦手なことを頑張ってくれた時

普段滅多にないことだからこそ、彼の愛情を感じたというエピソードも多くありました。そのひとつが、こちら。

「風邪で数日間寝込んだ時、毎日彼が仕事終わりに来てくれて、欠かさずおかゆを作ってくれました。普段はデートするたびにケンカするわたしたち。でも、電子レンジで温めるだけかお湯を入れるだけのインスタント食品しか調理できない彼が、私のために鍋でおかゆを作る姿に思わず泣けました」(31歳/美容師)

体調が悪い時は彼の顔を見られるだけで安心するのに、自分のために頑張ってくれる姿には、愛情を感じずにはいられないはず。愛する彼女のためなら、苦手なことさえも一生懸命になれるのかもしれません。

 

もっと愛を伝えてほしい、もっと愛されたいと欲張りになっていませんか?

特別ではない彼との時間にも、愛情を感じられるシーンはたくさんあるはず。いつの間にか隣にいて当たり前になってしまった彼の存在に改めて感謝してみると、愛されていることに気付けるかもしれません。

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから