楽しいはずのデートなのに「なんか疲れるな」と思われてしまったらショックですよね。デート中の男性は女子のどんな態度に「このコ、疲れる」という判断をするのでしょうか?

 

オドオドしている

「自分に自信がないのか、やたらとオドオドしている女子とデートしているとこっちも疲れます。テラス席でお茶をしていたら寒くなってきたので『さっきまで暖かかったけど、室内のほうがよかったかな?』と何気なく言ったら『ごめんなさい!私がテラスがいいって言ったからですよね』と謝られました。こっちとしては寒くない?くらいのノリで言っただけなのに。顔色伺われるのって疲れます。その一方で、待ち合わせには15分くらい早く来ていて、『今着きました!』と連絡が来たり。これ、こっちが遅刻してなくても、待たせてる!って焦るからイヤなんですよ……。普通に待ち合わせ通りの時間に来て、普通に楽しんでくれればいいんだけどなあ」

感じよく謙虚に見せたいという気持ちが強すぎるのか、デートなのにやたらと低姿勢になってしまう女子がたまにいます。卑屈に見えると魅力が伝わりにくくなるというのもありますが、相手が居心地悪くなるのが最大のネック。気遣い上手は人に気を遣わせないように気を遣っているようです。

 

脈がなさそう

「デートに誘えば来てくれて、楽しそうに振る舞ってくれるんだけど、でも明らかに脈がない……そんなコとのデートは『内心、どう思ってるんだろう』と思ってぐったりしますね。全体的にさっぱりした態度で、『俺のことどう思う?アリ?』って聞いたら笑ってごまかされたり、送るよって言っても『大丈夫ー!』って流されたり。少しでも俺のこと好きなのかな?って思わせてくれないとがんばれない」

この件にでてくる女子は筆者の知人でもあるのですが、脈なしではなく「女子が押すより男性の押しを待ったほうがいいと思った」ということのようです。でも、気弱な男性が増えているせいか「女子の気持ちがはっきりわからないと強気に行けない」という意見もあります。「ちょっといいかなと思ってる」程度の好意は出しておいたほうが良さそうです。

 

偏食

「自分が食べることが好きなのもあって、美味しそうに食べるコが好き。だから、『お肉嫌い』『光ってる魚が嫌い』『炭水化物食べたくない』とか、食の制限が多いコは苦手ですね。お店選びだけで萎えちゃう。彼女になって、遠慮なく意見を言えるとか「体質的にベジタリアン」みたいな事情があるならむしろ余計な気を使わず『野菜の美味しいとこ行くか』でいいけど、単なる偏食とか、食に対して気分屋なコはデート自体が面倒になりますね」

「美味しく食べるコが好き」とは男性からよく聞くポイントです。多少の好き嫌いは仕方ないけど、あまりに食に対する好き嫌いが多いコは「俺たち合わないかもね」と思われることも多いよう。アレルギーなど体質的なものではない場合は、克服する努力をしてみるのもいいのでは?

何を考えているか分からない、どこに地雷があるか分からない……。こんな女子は、男性から見ると「ミステリアス」ではなく「疲れるコ」になってしまうのかも。デートでの居心地のよさは、本命になるためにも大事な要素。彼に思いもしない負担を与えていないか、振り返ってみては?(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

気になる彼をどうやってデートに誘えばいいか分からない、デートで彼に気に入ってもらうにはどうしたらいい?

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから