男の本音俺も好きの本当の意味

最近では、男性からばかりではなく、女性からも告白をすることが増えてきましたよね。意を決した告白に対し、「俺も好きだよ」と言われればとてもうれしく、頑張った甲斐もあったというもの。

とは言え、「俺も好き」というこの言葉とは裏腹に、ある気持ちが込められていることもあり、注意が必要です。それはどのようなことなのでしょうか。
男の本音俺も好きの本当の意味

■キープしておこうと思っている

男はキープしておこうと思って告白を受けた
告白してくれた女性がそこそこ可愛い、好きではないけど嫌いではない、というような相手だった場合、キープとしてそばに置いておきたいという思いから、「俺も好き」と同意する場合があるようです。

『せっかく自分を好きだと言ってくれた相手を手放したくない』、『モテる自分を実感していたい』という男性心理が働いてしまうのかもしれません。告白したあとも今までと変わらない関係のままや、外でのデートを避けるなどの行動が彼に見られたら要注意。周りの人に、あなたと一緒にいるところを見られないようにしているのかもしれませんよ。

■好きだけど付き合う気はない

恋愛対象としての「俺も好き」という言葉だったとしても、その後実際に付き合うという話が出なければ、『両想いだけど付き合ってるの?どっち?』と、戸惑ってしまいますよね。

1度告白が成功してホッとしたのも束の間、すぐさま「じゃあ付き合う?」というような話に持っていくのはなかなか難しいのではないでしょうか。

相手の男性が何も言ってこないのであれば、もしかしたら“友達以上恋人未満”である今の関係を楽しみたいと思っているのかもしれませんよ。女性が思っているより、この中途半端な関係が楽しい、気分が盛り上がると感じる男性は意外と多いのです。

■恋愛としての“好き”ではない

俺も好き」と言ったはいいものの、恋愛の“好き”ではない可能性
「俺も好き」と言ったはいいものの、恋愛の“好き”ではないという可能性も考えられます。男性は女性ほど口での説明を必要としないため、『相手もわかっているだろう』と勝手に勘違いしてしまうのです。恋愛としての“好き”ではないということは、その後あなたとの関係を進展させる気はないということですよね。

そこまでハッキリ言ってくれればこちらとしても諦めようがありますが、「(友達として)俺も好き」と言われたまま、その後も今まで通りの関係が続いていくと、『今のわたし達はどんな関係?』と不安に感じてしまいますよね。彼からの「好き」は、どういう意味での「好き」なのか、しっかり確認しておきたいところです。

いかがでしたか?出来ることなら告白する段階から、「あなたが好き」と「付き合ってほしい」はセットで彼に伝えたいところです。そうすれば、彼も中途半端な気持ちで「俺も好き」なんて言葉は発しないでしょう。彼が軽い気持ちであなたに同意ができないよう、真剣な雰囲気を醸し出しながら告白するのも効果的かもしれませんね。
(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから