彼の好きなところを日々メモしておき、スマホでいつでも見返せるようにしておく
2017.12.10

こんにちは、恋愛コンサルタントの森野ひなたです。違う環境で育ってきた2人が恋人になるのですから、価値観の違いにビックリすることも多々あると思います。驚くだけでなく、時には「は?なんなの?」とイライラしてしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、その度に感情のままに彼にイライラをぶつけてしまうと、2人の関係は破綻に向かってしまいます。そこで今回は“仲良しカップルでいるための怒りの対処法4つ”をお送りします。
仲良しカップルでいるための怒りの対処法4つ

■1、離脱する

彼にイラッと来たら少し出かけて距離をとってみる
彼にイラッと来たら、速攻でその場から離脱する方法です。「トイレ行ってくる」「忘れものした」「そういえば買いたいものあったんだ、コンビニ行ってくる」など、なんでも良いです。その場からとにかく離れましょう。いったん離脱することで心を落ち着けやすくなります。

■2、理由を理解しようとする

あなたには到底理解しがたいような「は?」と思うことでも、本人にとってはもっともな理由があるものです。人に歴史あり、言動に理由あり、です。「彼にとってどんな理由が?」と腑に落ちるポイントを探して、彼を理解しようと努めましょう。

例えば彼の遅刻に対し、「遅刻してくるなんて酷い!」とイライラしたとします。理由を知っていくと、実は「彼は“遅刻が当たり前”の地域で育った」など「なるほどね!」と思う理由が見つかり、イライラしにくくなります。

■3、感謝を数える

彼の好きなところをスマホでいつでも見返せるようにしておく
彼にしてもらって嬉しかったこと、彼の好きなところを日々メモしておき、スマホでいつでも見返せるようにしておく。怒りの感情にとらわれると、マイナス面ばかり目について次々とイライラが増えてしまいます。そんな時こそ、忘れがちな感謝や相手の長所を思い出せるようにしておきます。

■4、前もって決めておく

彼にイライラをぶつけてしまう前に「すること」を決めておきましょう。好きな曲を聴く、映画を観る、運動をする、など。いったん他の動作を挟むことで心を落ち着けやすくなり、感情のままケンカに発展するのを避けやすくなります。

いかがでしたか?
人間ですから、時にはイライラしてしまうこともあります。しかし、カッとした感情を怒りとして現してしまって良い結果になることはあまりありません。後から「もっと違う伝え方をすれば良かった」と後悔することの方が多いです。彼にイライラをぶつけないように、今回ご紹介の記事をお役立ていただけたら幸いです。

(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

気になる彼に好かれるにはどうしたらいいの?付き合っている彼とうまくいかなくて悩んでます…。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから