今回は、クリスマスに別れがちなカップルの特徴についてお届けしたいと思います。

さっそく見ていきましょう!

 1:クリスマスプレゼントが指輪

ラブラブカップルが指輪をプレゼントしあう……とか、事前に指輪を贈ることを相手に伝えている……という場合は、なんら問題がないでしょう。

でも、たとえば彼女が結婚を焦っていて、彼はそれほどでもない場合……あるいは彼が結婚を焦っていて、彼女のほうは、「恋愛と結婚は別」なんてことを考えている場合。

指輪を贈ってしまうと「愛情が重たい」と相手に思われて別れにつながった、というケースもあるそうです。

クリスマスの浮かれたムードに乗って、うまく「クロージング」しましょッ! なんてのも、それが通用するカップルと、通用しないカップルに分かれるということでしょう。

 

2:仕事が終わらなくて

「元カノの会社の上司は、重箱の隅を楊枝でほじくるかのごとく、すごく細かい指示を彼女に出す人だったそうで、ふだんからぼくとのデートの時間を取りづらいと嘆いていました。イブの日も仕事が終わらなくて、彼女は結局ぼくとのイブの約束をドタキャンしました。翌日、別れました」(25歳・IT)

イブの日も残業……というのは、同情したくもなりますが……きちんと仕事を終わらせてイブの日のデートを楽しみにしている側からすれば、理屈抜きに別れちゃおうと思うのでしょう。

女子ほど記念日を重要視しない男子は多いとされていますが、やっぱりポイントポイントで、相手の期待を裏切ってしまうと、別れたいと思ってしまう男子も、おなじくらい多いのかもしれません。

仕事が終わらなくてイブの日のデートをドタキャン……となる前に、転職をするとか、なにか手を打たないと!

 

3:彼女が混んでいる場所にばかり行きたがる

言うまでもないことですが、イブの日のカップルは「ヤル」ことがデートのゴールだと信じ込んでいるのでしょう、繁華街のラブホは夜更けすぎまで満室だったりします。

あるいは、しゃれたお店でコース料理を食べるのが、イブの日のカップルの「正しい」過ごし方だと思っているカップルも、まだまだいるようで、ちょっとしたお店は満席です(みんなで、高級な給食のようにおなじものを食べているあの光景が、多くのお店で見られるわけです)。

混んでるし、待ち時間は退屈で寒いし……こういうことが原因で別れるカップルもいるんですって!

事前に予約をするとか、みんなとひと味ちがうイブを過ごすとか、なにか工夫をしてみては?

 

4:彼女にとっての「理想のデートプラン」を全部消化したがる

彼女がイブの日に気合を入れてデートプランを作成するパターンです。

夕方の6時に**で待ち合わせして、そこから移動してごはんを食べて、そのあと夜景を見に行って、それから移動してラブホに入って、終電でバイバイ……というようなせわしないデートプランが苦手な彼氏だっています。

イブの日は来年もやってくるわけですから、そうプランを詰め込みすぎず、ほどよくのんびり過ごしてみては?

 

いかがでしょうか。

お誕生日もイブの日もおなじです。カップルにおける「特別な日」って、お互いに気持ちが高ぶっているでしょう。

そういう日は、思わぬことが喧嘩の原因になるものです。

喧嘩や別れを回避しようと思えば、事前準備をしっかりすることです。

「指輪を贈りたいのだけど、サイズを教えてほしい」と聞いておくとか、「そもそも結婚したい?」と尋ねるとか……ホテルに事前に予約を入れておくとか……。

どのカップルもおなじようなことを考えて、おなじような行動をする日なわけですから、事前に細かく気を配って、うまくやってみてはいかがでしょうか。(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)