え?クリスマスに一緒に過ごす相手がいないんですか?

それ、チャンスですよ。

実はクリスマスってシングルにとって出会いが増える最高のイベントなんです。

今日は「クリスマスが近いのに一緒に過ごす相手がいない!」と焦っているシングル女子にオススメするクリスマス(まで)の過ごし方にお伝えします。

過去の相手のことは考えない

クリスマスが近づいてくるとついついロマンチックな雰囲気にのまれて、「誰でもいいから一緒に過ごす相手がほしい」なんて考える人も少なくないでしょう。

でもそこで過去に付き合った恋人を思い出して連絡を取ってしまうのはあまりおすすめしません。

その相手と心から復縁を望んでいるのならまだしも、一度別れるという選択をしたということは、やはりそれなりに理由があったはずです。

そのことを忘れて一時的な焦りの感情に流されるのは厳禁。

クリスマスは出会いを求めるシングルたちにとっては新しい出会いを得やすい格好の機会です。

過去の相手に連絡するということは、そんなせっかくの機会を逃すということを理解しておきましょう。

クリスマスこそ出会いを増やす行動を

一般的にクリスマスやバレンタインのように「恋人と過ごすべきイベント」のような風潮は出会いがほしい人にとっては強い追い風になります。

なぜなら普段は恋愛にあまり興味が無い層も、周囲の雰囲気が変わることによって恋愛に積極的とまではいかなくても、ある程度興味を示すようになるからです。

ということは、普段は出会えないような男性たちが出会いの場に出没しやすい時期でもあるわけです。

クリスマス前こそ積極的に飲み会に参加したり、何かしらのコミュニティに参加してみるなど、行動の幅をいつもよりも広げてみると良いでしょう。

クリスマスはカップルのためのイベントではなく、出会いを求めるシングル達のためにあるイベントといっても過言ではないかもしれません。

クリスマスを理由にシングルアピールを

普段は「彼氏がほしい」「いい人に出会いたい」と周囲にアピールしにくいという人も案外多いのではないでしょうか。

だからこそクリスマスはさりげなくシングルアピールする絶好のチャンスです。

出会いを引き寄せるにはまずは自分が出会いを求めているということを周囲に伝える必要があります。

「クリスマスなのに独りぼっちでさみしい」「クリスマスまでには彼氏が欲しい」とさりげなくシングルアピールをすることこそ、出会いを引き寄せるための第一歩です。

シングルアピールをした上で「○○ちゃんって○○くんと仲良いよね?今度飲み会とかセッティングしてほしいなあ」と友人などにそれとなくお願いしてみるのも良いでしょう。

普段から上手に種をまいておくと、誰かの気まぐれが重なって急にチャンスが巡ってくることが頻繁に起こります。

クリスマスという雰囲気をどんどん活用して出会いを引き寄せていきましょう。

おわりに

日本ではクリスマスは一般的には「一緒に過ごす相手がいなければいけない」という無言のプレッシャーを与えるイベントといえます。

しかし一方でキリスト教の国ではクリスマスは「恋人と過ごすイベント」ではなく「家族と過ごす聖なるイベント」であったりします。

そして日本では家族と過ごすお正月が、海外では「恋人と過ごすイベント」だったりするのです。

そう考えてみると、クリスマスというイベントは(われわれ日本人には)特に深い意味がないことが分かります。

プレッシャーに感じるのではなく、出会いが増えるチャンスだと前向きにとらえて、クリスマスというイベントを思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか?(杉子/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

なかなか良い出会いがなくて彼氏ができない、好きになるような男性に今まで出会ったことがない、どこに出会いを探しに行けばいいの…。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから