友達に囲まれて楽しそうな女子はステキですが、常にグループ行動では、男性もつけいる隙がありません。恋のチャンスを得るには単独行動は大切なこと。

とはいえ、単独行動で得るモテは「抜け駆け」「こそこそしてずるい」なんて陰口がつきものです。恋を呼ぶ上手な単独行動のコツをまとめました。

単独行動はなぜ恋にいいの?

グループ行動は楽しいのに、なぜモテるためには単独行動が必要なのでしょうか?ひとつは、固定メンバーの女子グループ内で仲良くやっていくには何かしらのビミョーな我慢が必要だから。

たまにひとりの時間を持つことでリラックスした雰囲気がでます。また、男性は社会性&プライドが高いので、女子の事を「いいな」と思っても、女子グループに突撃してまで声をかけることはあまりありません。

男性も複数で行動していた場合、全員の好みにぴったり合う女子グループに出会う可能性はさらに低いです。お互いひとりの時なら相手も自分の好みだけで動ける分、本気度が高い出会いになる可能性が高いのです。

女子の反感を買わないためには

単独行動を取り入れることは、いい意味でのスキに直結します。それだけですぐにでもモテを実感する人もいるでしょう。

でも、誰かがモテてる状態はみんな何となくわかるもの。変に隠すと余計噂になるうえ、秘密主義呼ばわりされることもあるのでモテてるぶりを隠しすぎるのは逆効果。

彼氏がいるのに「いない」というのもNG。女子は共通の敵がいると団結する習性があるので、変にコソコソして突っ込みどころを作らないようにしましょう。

「単独行動=女子との絶縁」ではないので、グループ内の女子の好きな人or彼氏には手を出さないのも鉄板ルール。

普段からクリーンなイメージで売る事は、誰かが空気を読まずにあなたの陰口を言ったとしても、「あの子はそんな子じゃないよ」と噂を収束させる効果もあります。

単独行動をよく思わない人も残念ながら一定数います。女子友と過ごすときは、むしろフレンドリーな態度を心掛けましょう。

狙っている人に好意を伝えつつ、悪口をブロック

せっかく単独行動をするなら、狙っている人に確実に好意を伝えつつ、「一人で抜け駆けしちゃって」という陰口もブロックしておきたいもの。

それには、「相手が『男か・女か』ではなく『オフィシャルか・プライベートか』で態度を変える」のがおススメです。

狙っている男性に対しては、たとえ飲み会でも、周りに人がいるときはさらっと対応しておき、二人きりの時だけ甘い態度をさしはさむのが理想です。

女にさっぱり男にベッタリ、これは当然NGですが、みんなに同じ態度では誰にも恨まれないかわりに発展もしません。

誰にでもさらっとしてるように見せかけて、狙った人と二人きりの時だけ、少し口調を変えたり甘えたりすると人目につかずに「あなたは特別」感が出せてギャップ萌えも狙えます。

そのうえ「口も堅そう」と思わせられるメリットも。手の内を見せないことで女子からの「男の前だと態度変わりすぎ」という悪口もブロックできます。

 

いくら友達がいても、恋愛は自分と相手の1対1でするもの。出会うスキ、近づくスキも大事です。

「うまくやっちゃって」という嫉妬はうまくスルーして、単独行動で楽しいモテライフを送って下さい!(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

なかなか良い出会いがなくて彼氏ができない、好きになるような男性に今まで出会ったことがない、どこに出会いを探しに行けばいいの…。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから