いくら外見に気を遣っていても、「ちょっとこれは…」と男性が引いてしまうことがあります。本人はそこまで気にしていなくても、周りからみて違和感を感じることもありますよね。

そんなささいなひと言・行動を男性は見逃しません。では、男性がガッカリしてしまう女性の幻滅ポイントとは、一体どのようなことなのでしょうか。

■1:奢ってもらうのが当たり前という態度

昔はよく「男が奢るのが当たり前」という風潮があったのかもしれませんが、最近では女性が社会進出してきていることもあり、そのようなイメージはかなり薄れてきていると思います。

しかし、男性に奢ってもらうのがイイ女だと思い込んでいる女性も今だ少なくはなく、食事に行ったときに財布すら出さない、奢ってもらうのが当たり前というような女性の態度を取ってしまうこともあるようです。

しかし、そんな女性の態度を見た男性はドン引き。

例え男性が最初から奢るつもりだったとしても、それが当たり前だという態度を取られてしまうと、もうその後の関係を続けていこうという気にはなれないのです。

いつも男性が奢ってくれるというのが2人の中で普通になっていたとしても、感謝の気持ちを忘れてはいけませんね。

あまり高いところの支払いは男性のプライドもあるため甘えても良いですが、たまには「いつもご馳走になってるから今日はわたしが出すね!」と申し出てみましょう。

ごく稀にだったとしても、このような気遣いを男性は嬉しく感じるものなのです。

■2:両親への言葉遣い

彼女の実家へ遊びにきたときや、親から電話がきたとき、親への言葉遣いが乱暴だと彼氏は幻滅してしまいます。

たとえ親と仲が良くなかったとしても、目上の人に対する態度にはそれなりの言葉遣いや態度があるはず。

自分の親ですら大切にできない女性は、彼の親にも同じような扱いしかできないと感じ、将来を考えられなくなってしまうのですね。

もともとの性格がキツい女性だったとしても、親に対しては気配りができているという方が魅力的に見えるに決まっています。

「お茶入れてよ」、「は?何言ってんの?」など、母親を家政婦扱い、上から物を言うような態度などは絶対にやめましょう。

『この子になら自信を持って自分の親に紹介できる』と思わせるには、まずあなたの1番近くにいる目上の人、つまり親に対する態度を見せることが1番なのです。

■3:家事ができない

実家暮らしが長く料理が苦手…という女性は多いですが、掃除もできない、洗濯も畳めないでは話になりません。

料理が苦手でもレシピを見ればできる、自分の部屋の掃除だけはしっかりやっていたなど、必要最低限の家事は身に着けておかないと、彼をビックリさせてしまいますよ。

もしそのまま結婚する、結婚前の同棲をするということになり、あなたが何もできないと彼が知れば、婚約を破棄されてしまう可能性だってあるのです。

手の込んだ料理が出来ればよいというわけではありません。カレーや焼き魚、お味噌汁など、基本的なことができれば良いのです。

数をこなしていかなければ、料理も掃除も洗濯も効率よくするなんて不可能ですよね。

実家にいても家事に参加することである程度のことは覚えられるはずなので、もし1人暮らしをしたことがないという人でも、少しずつ家事をしていくことをオススメいたします。

いかがでしたか?ある程度、家庭的な部分を合わせ持っている女性、必要最低限の態度や感覚を持っている女性は、男性から好印象を持ってもらえます。

男性も完璧を求めているわけではないため、生活する上で困らない程度の家庭力、言葉遣いや態度を身に着けておくだけでOK!

大好きな彼にガッカリされないよう準備していきたいものですね。

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから