誰だって、好きな人の前に出れば恥じらうものですが、好きな人を避けるほどに恥ずかしがると、「あなたのことが嫌いです」と言っているように受け取られてしまう……ということをご存じですか?

いわゆる『好き避け』というやつですが、これは片想い状態では結構キケンなのです。

何がどうキケンなのか、詳しく見ていきましょう!

『好き避け』の具体的な行動

好きだからこそ恥ずかしくて、好きな人を避けてしまう……という『好き避け』の具体的な行動とを挙げると、好きな人が視界に入るとその場から去ってしまう、他の人に対する態度よりも素っ気ない、積極的に話をしようとしない、目を合わせない、笑わない……などなど。

これらは、避けられている相手からすると「嫌われている」と思うしかない態度なんです。

つまり、「好きな人に、あなたが嫌いですとアピールしている」ということ。

恋成就どころか、好きな人との距離をみずから遠ざけてしまうんですよ。

好き避けをする本人としては、とにかく恥ずかしくて相手を避けてしまうんでしょうが、これを続けている限り、恋は実らないでしょう。

恥ずかしいと思っていることを知ってもらうべき

好き避けをしてしまう人は、恥ずかしがっていることを相手に知られたくないと思っているはず。

赤面していたり、口ごもってうまく喋れなかったり、動作がぎこちなくなってしまったりするのが、カッコ悪いと考えるのでしょう。

けれど、恋愛を成就させることを考えれば、すすんでカッコ悪い姿を見せたほうが得なんです。

ある程度の年齢になれば、「自分を本気で嫌って避けている」のと、「自分を好いているからこそ、ぎこちなくなっている」の違いがわかるものです。

好きだと思っていることがバレると不利になると考える人もいますが、じゃあどうやって好きな人との距離を縮めていくのか、両想いになるのか……? それなりのテクニックを持っているか、上手に駆け引きができる人じゃないと、なかなか難しいはずです。

「相手を好きにさせる」のは、そう簡単なことじゃないので、はっきりと告白しないまでも恋愛感情を匂わせたほうが、相手の心を揺さぶるには効果的でしょう。

避けたくなっても、ひたすら我慢!

好き避けをする人は、おそらく10代の頃からそういう癖がついているんだと思います。

なので、社会人になってからは、無意識のうちに好きな人を避けてしまうんでしょうが、とにかく「好き避けはしちゃいけない!」と強く思うことが大事です。

そして、好きな人がそばにいたり、一対一で話すことになったりしても、ひたすら我慢!

避けちゃダメだ! と頭の中で何度も繰り返して、話し方や表情がぎこちなくなっても、隠さないようにしましょう。

というか、カッコ悪くてぎこちない態度を見せた方が、恋を進めるうえでは有利だと考えるべきです。

さいごに

恋上手の女性は……世間では小悪魔女子なんて言うのかもしれませんが……上手に恥ずかしがることができます。

好きだからこその恥ずかしさを利用して、効果的に好きな人に恥じらいをアピールするのです。

「恥」をみずから演出できるようになれば、恋愛上級者として、好きな人を惹きつけるのもうまくなっているはず。

ぜひ、好きだからこその恥ずかしさを、セルフコントロールできるようになってくださいね。(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)