無駄遣いをせず、ある程度金銭感覚がしっかりしている男性は魅力的ですよね。

でも彼が度を越えた倹約化だと、デートをしていてもイマイチ楽しめなさそうです。
そこで今回は「女性が『この人ケチだな……』と悟った瞬間」についてご紹介します。

1、 プレゼントをくれない

・「私は毎年クリスマスや誕生日にプレゼントをあげているのに、彼は何もくれません。この前理由を聞いたら『もしあげたものが要らないものだったら、お金がもったいないでしょ?』と言われました」(25歳/販売)

それだったら最初に「何か欲しいものある?」と聞いてくれればいいのになぁ……と思ってしまいますよね。ものが全てだとは言いませんが、お金である程度の愛情をはかることもできます。彼が何もプレゼントをくれないようであれば、その程度にしか思われていない……と考えるのもアリなのかもしれません。

2、 「高い」が口癖

・「食事をしようとしても『ここ高くない?』とダメ出しばかりする彼。結局いつも外食はファミレスばかりです……」(24歳/一般事務)

何を見ても「高い」と言う人ってたまにいますよね。これは口癖になってしまっているので、男性もあまり深く考えずに発言しているのでしょう。このようなタイプの男性と付き合ってしまうと、自分のお金で買ったものでさえイチャモンを付けられてしまうかも……。お金に細かすぎる男性には、注意したほうが良さそうです。

3、 お金持ちアピールをしてくるくせに……

・「知り合いの男性は某有名企業に勤めているので、同世代と比べるとそこそこの給料をもらっているらしい。そのことを私に自慢してきて『何か買ってあげようか?』と言ってくるのですが、飲み代も結局割り勘。お金があるのに奢ってくれないなんて、ケチだな~と思ってしまいます」(25歳/IT)

ただチヤホヤされたいがために、お金持ちアピールをしてくる男性もいます。女性としては「そんなにお金あるなら、何か買ってくれるのかな?」と期待してしまうだけに、ガッカリ度も増してしまうよう。そのためより一層、彼のことがケチに見えてしまうんですよね。
「次は何か奢ってくれるかも!?」と思いながら、彼と会い続けてしまうと向こうの思うツボ。「もしかして俺のこと好きなのかな?」と相手に勘違いされるのがオチなので、なるべくなら連絡も取らないほうが良いでしょう。

おわりに

ケチすぎる彼とのデートは、自分の不満が募るだけになってしまいます。
ケチな彼でもいいと思うのなら会う意味はあるでしょう。でもそうじゃないのであれば、もっと自分に合う男性を探したほうが、時間を有効に使えるかもしれません。(和/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから