誰もが経験している辛い失恋……。悲しくてどん底に落ちてしまう気持ちもよくわかります。でも、こんな行動には要注意! 失恋後によくあるNG行動をご紹介します。

部屋にひきこもり、思い出に浸る

彼と過ごしていた部屋で、思い出に浸ってしまう。自分の何がいけなかったのかとクヨクヨ悩む。こんなことをしていても心が寂しくなる一方です。過去にしがみついてばかりでは、先へ進むことはできません。思いっきり泣いた後は、思い出の写真や彼からのプレゼントは潔く処分して、新しい恋を探しに外で出ていきましょう。

 

SNSで彼の行動をチェックする

別れた後もついつい気になって、彼の名前を検索してしまう。どんな行動をしているのかチェックをしても良いことなんて何もありません! 新しい彼女とデート中の写真がアップされているかもしれませんし、知らなくていい情報を知ることになります。ストーカーと間違われないためにも、強い意志を持って彼のことは忘れましょう。彼とつながりのある人のSNSにも彼が登場することがあるので、しばらくはネットから離れてみて。

ついついヤケ酒、ワンナイトラブ

彼を失った悲しみで、ヤケ酒をしてしまった。その場の勢いで好きでもない人と寝てしまった……。こんな話もよく聞きます。一人の男性に振られたことで、自分のすべてを投げ出してしまわないでください。自分自身を大切にしていないと、後になってから後悔してしまいます。そんな時は、仲の良い女友達に話を聞いてもらって心を落ち着けましょう。今は辛いですが、時間がたてばきっと気持ちも前向きになります。

 

ヤケを起こすな! 前向きになれ

失恋した時の間違った行動は、悲しみのあまり過去にしがみつき、自暴自棄になっている状態で起こしてしまうようですね……。買い物でストレス発散する人もいますが、ムダ使いに終わるだけかもしれません。おすすめしたいのは、何か新しい趣味を見つけてはじめてみることです。恋愛と離れて新しいことに夢中になれば、自然に新たな出会いが生まれるもの。いつまでも悲しんでいないで、新しい一歩を踏み出してみましょう!(岡崎マミナ/ライター)

(愛カツ編集部)