浮気を疑ってもいいような彼から来る不自然なLINEとは

「浮気?」とまではいかなくても、彼から受け取ったLINEに「なにこれ。なんか不自然……」と思うことはあるでしょう。

もしかしたらその不自然さが先々、浮気につながることがあるかもしれません。早めに気づけば浮気の芽を摘んでおくことができます。

今回は、彼から来る不自然なLINEとはどんなものなのか説明したいと思います。

浮気を疑ってもいいような彼から来る不自然なLINEとは

名前の呼びかけがない

「〇〇ちゃんは~」や「〇〇は今日どうしてた?」など、名前をつけた呼びかけがない。主語がないのでいつも唐突な感じがします。

名前ではなく「君が」「君は」と言うのも他人行儀でおかしいけれど、名前を呼ばないのもなんだかおかしいですよね。これは、名前の呼び間違いを防ぐためにあえて呼んでいないのです。

ほかの女性と名前が似ていたりすると、予測変換で出てきてそのまま……ということがあるので警戒して呼ばないのです。

どうでもいい会話

送ってくるのが「それがなに?」と思うような内容ばかり。当たり障りのない会話で、重要でもなく進展もなく、熱量もない会話です。

たとえば「今朝は寒いね」というような、返事のしようがない文章を送ってくる。これに返信しなくてもなんてことはなさそう。この不思議な文章は、みんなにあてた近況報告だったりします。だから返信がなくてもいいのです。BCCメールのようなものですね。

同じ内容を何度も

これは、誰にそんな内容のLINEをしたかわからなくなっています。「言ったよね」「知らない」の流れにならないために、全員に言っている(送っている)という男性がいました。

同じ内容を何度も離すLINEは浮気の疑いあり

だから何回も同じことを言ったり、聞いたりするのですね。それが女性だけに限らず、いろんな人に話しているケースもありますが、突っ込んだ話題なら仲のよくない人には話さないので、必然的に仲のいい人だけに話しているのでしょう。

会話がかみ合わない

誤爆ではなく、微妙に会話がかみ合わない。そんな会話をした記憶がないのに、した前提になっている。その場合は別の人とLINEをした内容がごっちゃになっているのかも。

不自然と天然ボケ

彼の性格が天然ボケだった場合。以前からそんな感じなら不思議ではないでしょう。しかし天然ボケの男性でも、さすがにLINEの内容まで天然とは思えません。

それでは友人とのLINEや仕事の連絡などもトンチンカンということになります。ちょっとありえないかも。

天然ボケで可愛い演出をする女性ならともかく、男性が天然ボケを演じる意味がないので、不自然はやっぱり本当に不自然と言えます。

おわりに

いかがでしたか?

対処法は、彼をよく観察することです。そこで「いつもLINEが不自然だよね」なんて彼に言わないこと。言ってしまうと、気づかなかった彼氏が不自然さを消すためにうまく隠すようになります。やめないで隠す。そういうものです。

不自然さは浮気の芽だけではなく、同時進行の可能性もあるので、追及せず責めずしっかりと観察しましょう。追及はホンモノと確定してから。くれぐれも頭に入れておきましょう。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)