最近は小柄な女性よりも長身の女性の方が「見栄えが良い」ということで、男性から憧れられるようになってきています。

「背の高い女性の方がカッコ良くて、連れ歩くと周りから羨ましがられる」「何をしても様になる」というだけでなく、昔は「小柄な方が良い」とされていたバレリーナなどでさえ、最近は170センチ以上の女性が好まれるようになってきています。

また小柄な女性には「全身のバランスが悪く、スタイルが悪く見えやすい」「少し太っただけですぐ見た目で周囲に分かってしまう」「存在感がない」「色気がない」など、様々なデメリットがつきまといます。

でも男性の声を聞いてみると、どうやら小柄な女性には、長身の女性にはない「男子を萌えさせるポイント」があるようなのです。

癒しのふんわり・ぷにぷに体型

背の低い女性は、ぽっちゃりした丸みのある体型になりやすいのが悩み。

しかし、女の子の柔らかさ・丸さ・二の腕などのぷにぷに感がたまらなく好きな男性は、実はとても多いのです。

そしてそういう男性の多くは、ぷにぷに体型が似合う小柄な女性を好みます。

確かに、長身で太っていたら「かわいい」ではなく「関取みたい」「強そう」になってしまいますものね。

ただし同じ理由で、小柄でぽっちゃり体型の女性は痴漢に遭いやすいというデメリットもあります。

筆者も太っていた頃、知らない中年男性にすれ違い様にいきなり胸などをつかまれたことが何度かありました!

男の「征服欲」「支配欲」が満たされる

元々男性には、女性に対する「征服欲」「支配欲」があります。

これは簡単に言えば、女性を「自分だけのものにしたい」「自分の命令通りにさせたい」という欲求のことです。

ところがこの欲求は、男性が自分より背の高い女性に見下ろされている状態では満たされません。

筆者の祖父母は、祖母が祖父よりかなり背が高い「ノミの夫婦」でしたが、祖父が今で言う「DV夫」になり、祖母やその子供たちはかなり苦労しました。

そうなってしまった原因の1つには、祖母の方が長身だったこともあります。

やはり男性は、上から見下ろせる女性に萌え、自分が見下ろされるとコンプレックスを感じてしまうのですね。

「頭ポンポン」「あごクイ」などが自然にできる

女子がキュン!とする「頭ポンポン」を、男性が自分より背の高い女性にするには、ちょっと工夫が必要になります。

そのままではやりづらいので、女性にまずは座ってもらうことになるのではないでしょうか。

でも「頭ポンポン」は、さりげなくしてもらうからこそキュン!とするのであって、そんな風に準備したり工夫したりするのは逆に萎えてしまいます。

「あごクイ」「壁ドン」などもそうですよね。

憧れの胸キュンなシチュエーションも、小柄な女性ならではの特権と言えるでしょう。

高い所の物を「それ取って」

小柄な女性が高い所の物に手が届かずに、彼に「ねえ、届かないの。それ取って」

手の届かない本人にとっては、とても情けなさを感じる悔しいシチュエーションの1つです。

しかし男性は、そんな小柄女性を「一生懸命でかわいいなあ。助けてあげよう」と思うものなのです。

同じことを背の高い女性が彼に言ったら、明らかに手が届くのがバレバレなため「届くじゃん!自分で取りなよ」となってしまいます。

それどころか長身女性は、職場などで同僚の女性たちに「届かないの。それ取って」と言われる側になってしまうことも多いのだとか。

長身女性にとっては、これも憧れのシチュエーションのようですね。

いかがでしたでしょうか?

背が低い女性には、それだけでコンプレックスを感じてばかりという方も多いでしょう。

実際、小柄な筆者も自分の身長の低さで自信が持てなくなる経験を、何度もしてきました。

でもそんなコンプレックスも、逆に男子を萌えさせるポイントになることがあるなら、自信に繋がりますよね?

自信を持って胸を張っている女性は、身長に関係なくステキですよ!(Nona/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから