付き合っていないけれど、好きなあの人とキスしてしまった。ときにはそんなことがあるかもしれません。あいさつ代わり、という軽い意味ではなく好きだからキスした。だから二人の仲の展開にちょっぴり期待してしまう……そんな気持ちが芽生えます。

キスとは、愛情の証。女性は、キスに大きな意味を持っています。好きだからキスする。好きじゃない男とはキスしない。当たり前です。

でも、男性の場合はちょっと違うよう。今回はその謎について考えたいと思います。

 

男女の“キスの意味”とは?

女性からすると、キスは恋愛。好き。恋の始まりでもあり恋心の確認。美しいワンシーン……と、大きな意味を持ちます。
ですからキスをする男性にも深い意味があると思っています。しかし男性はキスを唇と唇の接触としか思っていません。付き合うかどうかなどキスに意味を持たせないし、考えもしません。唇を接触したくなった「接触欲」です。彼らにとっては物理的な意味しかないのです。好き嫌いは関係なく「あー唇に触れたいな」という接触欲。
「でも、好きでも何でもない人とはやっぱりキスはしたくない。少しはいいな、と思っているからした。いいなと思っているから接触したくなった」というのが正直なところでしょう。しかしキスしたので付き合いたくなった。恋してしまったということではなさそうです。

 

男の“キスのもう一つの意味”

男はロマンチストですが、キスにとくに美しいイメージを持っていないので、そこまでロマンを求めていません。前述の接触欲もありますが、もう一つ重要なのが「キス=エッチの入り口」の考え。「キスできる女はエッチできるので絶対したい!」と思っています。ですから、接触欲が起こりキスをし、女性の様子を見ています。
キスだけでうっとりする男性はいないと思ってください。いたとするなら、その先を想像しているのでしょう。
「エッチに持ち込んでも平気かな」と、そのチェックに役立つのがキス。チェックができ、女性をロマンチックな気分にさせることもできる万能なテクニックなのです。

 

キスの役割とは

キスは、コミュニケーションツールとして、愛情表現としての役割があります。ですからキスの多さは愛の多さと判断します。キスが上手か、下手かでも女性はしっかりチェックしています。

上手な人は……遊びなれてるかも。でもキスはしっくりくる。
下手な人は……モテない男かも。この人とは合わないかも。

しかし男性はそこまで頭を働かせません。男は遺伝子をばらまく側なので、じっくり相手を判断できなくても無問題。女性は選ぶ側なのできちんとキスからも判断します。
だから好きでなければキスはできない。でも男性はそうではない……ということになるのですね。

いかがでしたか?
「なんでキスしたの?」と聞いても「よくわからない。なんとなく」という答えでしょうから、この手の質問はしないほうがいいかもしれませんね。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)

 

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから