メンヘラ

男性が女性とお付き合いを始めて最も後悔することの1つ、それは彼女がメンヘラだと分かった時。すぐに別れる人もいればしばらく我慢する人もいますが、男性の精神はすぐにやられてしまいます。
そんな地雷を踏まないために男性はこの女性は恋人になった後、自分を苦しめる存在になり得るのか、敏感になりながら見極めています。
しかし慎重になり過ぎるせいか、ほんのちょっとしたことで決定づけてしまうことも。あなたも知らないうちにそう思われていたら嫌ですよね。
そこで今回は女性がメンヘラ認定されちゃう知られざるポイント4つをご紹介します。

メンヘラ

1:2人きりになった途端喋りまくる

大勢でいるときは控えめであまり発言もしない子だったのに、2人になった瞬間マシンガンのようなトークが始まったら。自分に気を許してくれているという嬉しい気持ちもありますが、ちょっと度が過ぎてしまうと人格が2つあるように映ってしまうこともあります。

2:1つのものにこだわりすぎる

人それぞれ好きなものはありますが、1つに固執しすぎると執着心の非常に強い人という印象が付いてしまいます。洋服であったら1つの色が好きすぎて全身同じ色であったり、身の回りのものを1つのキャラクターで徹底的に揃えてあったりすると、どこか不気味ですよね。

3:普段静かなのにV系

普段は目立つ方ではないのにプライベートになると急に個性的になる女性はどうしても警戒してしまいます。特にいつも地味な子がビジュアル系のファッションであったり音楽を好んでいると、何か人に言えない大きな悩みがあるのではないかと、後ろ向きな印象が出てきてしまいます。

4:カラコンを欠かさない

人間だれしもコンプレックスはありますが、カラコンを欠かさず着けているのは自意識過剰の域。その人の個性として受け入れるべきものを無理やり変えようとする姿を見ていると、いつかこの人爆発するのでは? と思ってしまいます。

 

いかがでしたか?

女性はちょっと偏見に感じるかもしれませんが、この記事を読んだ男性の方々の多くが「分かる」とうなずくはずです。(國友俊介/ライター)

(愛カツ編集部)