2018.1.30

男性を部屋に呼ぶことになったら、部屋の掃除やインテリアのことを気にしますよね。自分では女子らしい部屋にまとめたつもりでも、男性から見ると違うかも?!男性目線でちょっと……と思われてしまう女子の部屋について考えてみましょう。

女子の部屋

ピンクの割合が多い部屋

ピンクは女子らしいカラーではありますが、使い方を間違えると男性に「ダサい」と思われてしまいます。

「彼女の部屋は、カーテン、ラグ、ベッド周りなどがほとんどピンク。ピンク好きだと知ってるからしょうがないとは思ってたけど、朝カーテンから漏れる光で部屋中がピンクに……寝起きで“ラブホ?”と思ってしまいました」(29歳/印刷会社勤務)

遮光機能のないピンクのカーテンは、外の光が当たると部屋中がピンクになってしまいます。朝起きてラブホを思わせる気分になる部屋だと、男性目線ではNGと言えるでしょう。インテリアにピンクを使うときは、使う面積が広すぎないように気をつけてください。

占い本だらけの本棚がある部屋

女子の部屋にある本棚を見て、見ない方がよかったと後悔する男性もいるようです。

「好きな子の部屋に初めて行ったとき、本棚にいっぱい本が並んでいて“知的だな”と思い見てみました。本棚にあったのは、心理テスト、占い、風水などの本!小説やビジネスの本は一冊もなかったんです。“見るんじゃなかった”が素直な感想です」(29歳/看護師)

占い本以外にも、ハウツー本や雑誌ばかり並ぶ本棚には、男性は好印象を持ちにくいもの。知的なイメージを与えるには、小説やビジネス本なども一緒に並んでいるといいかもしれません。

いろんな小物がいっぱい並べてある部屋

インテリアにこだわろうと、アクセサリーやメイク道具、香水などを並べて飾る女性もいるでしょう。小物を並べるときには、ちょっとした工夫が必要になります。

「女子の部屋にアクセサリーがいっぱい並んでいるのが苦手。きれいに飾ってあるんだけど、“私おしゃれでしょ”って見せびらかしてる感じがしてダサいと思う」(32歳/飲食店経営)

小物を飾るときは、さりげなさが大切。やりすぎ感が出ないように量を減らす、一か所に固めすぎない、といった対策がおすすめです。

あなたの部屋は大丈夫?

これでいつ男性が来ても安心!と部屋の準備を整えたら、一度部屋を見渡してみて。もしかしたら男性目線では「ダサい」と判断される要素が隠れているかもしれません。ご紹介した例を参考に、男性に好印象を持たれる素敵な女子の部屋を目指してくださいね。(メロン/ライター)

(愛カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

恋愛をうまくいかせる秘訣は男心を知ること。男心を理解しないと恋愛の悩みはなかなか解決せずにずっと悩み続けることに。

そんなときは専門家に直接相談してカウンセリングを受けてみませんか?電話やメールを使って専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから