素敵なカレが欲しいけど、モテる男性を狙ってしまうと、追いかけるのに疲れてしまいそう。そんな時、自分にとって手の届きやすそうな男性に目を向けてみる、という女子もいるでしょう。

しかし、一見非モテに見えても実は意外とモテる、という男性が存在します。今回は見た目やステータスでは分からない、隠れモテ男性の特徴を4つ紹介します。安パイだと思って狙いを定めたカレ。意外と努力を要するかもしれません。

①地味な女子、ダメ女に優しい

地味な女子、ダメ女に優しいのは隠れモテ男性です。彼らは女子から見て「あの子ちょっとね」という子に対しても、公平に、そしてフレンドリーにコミュニケーションを取ります。

そんな男性は、女性と関わることに慣れているのです。女兄弟が多かった、男女仲の良い共学で育った、などの背景があるかもしれません。

彼らがモテるのには理由があります。まず、あまりモテた経験のなかった女子は、優しくされてすぐにときめいてしまうことがあります。さらに、その男性が自分より下だと思っていた女子に優しくするのを見て、モテると自信ある女子がヤキモキするためです。彼女らは、自分を特別扱いしてくれないその男性の気を引こうと必死になります。

このタイプの男性を手に入れたい場合は、カレと同じように、人に対して公平に接することです。彼らは、女性同士の争いについて「男にはそういうのはないな」と思っていたり、陰険な態度を「怖いな」と本気で思うところがあります。対人関係の価値観が合う女性として、カレに運命を感じさせましょう。

②わかりにくいが、どことなく色気がある

色気がある男性は、常に一定数の女子をときめかせています。たとえファッションセンスがイマイチなどで、初めは恋愛対象と思えなかった男性であっても、どことなく色気があると、モテる要素になります。

なぜなら、ある異性に対して色気を感じる場合、多くの同性が同じように感じている可能性があるからです。

人が異性の色気に反応するパターンは三通りあります。一つ目は、五感から生殖を連想させる情報を読み取る場合です。肉体そのものの男性らしさ、女性らしさに反応するような場合です。

二つ目は、自己のアイデンティティの投影です。眼鏡をかけた異性ばかりをセクシーだと感じる裏に、自分の知性的な部分を自己承認したい気持ちが隠されています。

三つ目は、愛情を確認したい欲求を刺激される場合です。クールな人が時たま見せる優しさにドキドキさせられる、という現象があります。冷たくされた後には愛情が得られる、というパターンを脳が覚え、異性のクールな態度に過剰な性的魅力を見いだしてしまう、というような場合です。

あなたが感じたその男性の色気は、見た目にはわかりにくいものかもしれません。しかし、自分と似たようなアイデンティティを持つ女性や、愛情を渇望する他の女性も感じている可能性があるということです。

カレに色気を感じているのは自分だけ、と安心せず、しっかり自分を磨いてカレにアプローチしましょう。

③遊び人だった過去がある

遊び人だった過去がある男性は、現在アソビをやめていたとしても、女性たちに一目置かれ続けることがあります。

彼らは女性の心を操ることに慣れています。アソビをやめた後、口説くわけでなくても、女性の関心が自分に向くような態度を自然と取ってしまい、女性に勘違いさせて期待を持たせてしまうことがあります。たとえば、真剣なまなざしでうっとりと見つめられたと思ったら、自由な振る舞いをして話も聞いていない……そんなふうに女性の心を惹きつけるのです。彼と接した女性のうち何%かは、その魔力に取り憑かれてしまいます。

もし見た目などからあまりモテそうな雰囲気でなかったとしても、意外と複数の女性から日々食事や飲みに誘われている可能性があります。

そんな彼らには、その辺にいるような女性ではない、と思わせることで気を引くことができます。独立心旺盛であったり、目標に対する確固たる信念を持っていたりするような女性です。彼らは、過去多数の女性に声を掛けたものの、本気で夢中になれる女性がいなかったためにアソビをやめた可能性があるからです。

夢や目標に対する自分の熱い想いを語り、彼らに新鮮な刺激を与えてみましょう。

④厳しいことを言う

厳しいことを言う男性も、意外にも女子の心を掴んでいることがあります。たとえば、体制や社会の批判、また他人に対する辛口コメントなどを言う人のことです。本人に直接言う場合もあります。他人だけではなく、自分にも厳しいように見える男性は特に、一定の女子の心を掴んでいます。

あまり自分に自信がなく受け身である女性や、正義感の強い真面目な女性は、そのような男性に惹かれる傾向があります。

その男性の厳しいコメントを聞くと勉強になり、自分が洗練されていくと感じているのです。そして、厳しい男性に認めてもらいたいという気持ちが、いつしか恋愛感情に発展していくというわけです。

そんな男性と仲良くなるには、一緒にブラックジョークを楽しむ仲になることです。しかし、対人関係を考慮して、あなた自身はニュートラルな自分も構えておきましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。見た目、雰囲気、そしてステータス……といったわかりやすい魅力以外にも、女子の心理を巧みに突いたワナを無意識に仕掛けている男性が多数存在するものです。男性を見る目を養い、最高の相手と巡り会いましょう。(ちりゅうすずか/ライター)(愛カツ編集部)