恋への自信

みなさん、男子が女子と付き合うときに、何を重視すると思いますか? どんな男友達に聞いても、「顔」が入っていました。外見で判断されてしまうのは何だかやるせないけれど、現実。
でも、外見が好みではなくても、お互いを好きになって付き合っている人達もいます。話を聞くと、相手の顔を見る前に仲良くなれば、付き合える可能性は高くなるようです。
今回は会う前に仲良くなって付き合った実例を、男子のコメントをもとにお伝えしますね。

恋への自信

①FacebookやLINEでの紹介

「共通の友人がいて、Facebook上で紹介されました。書き込んでいる内容が面白くて、コメントを付け合っているうちに会おうという話になって。ルックスは正直普通だったけれど、感性が合うからいいやと思いました」(36歳・男性・IT)
「大学時代の仲間に紹介された子とLINEで話してたら、意気投合しちゃって。なんか優しそうな子だったから、いいなーと思って」(28歳・ゼネコン)

相手が自分好みのルックスではなくても、会う前に意気投合したり、お互いの良い所を理解しあえれば、男性的には「まあいいや」と思うことも。合コンやパーティーだと、ルックスで最初に判断されてしまうことが正直ほとんどですが、オンラインで先に仲良くなるとその壁を乗り越えられるようですね。
リアルな場で会うと緊張してしまうけれど、オンラインだと余裕を持って会話できるから良い、と言っている子もいました。

②カラオケコミュニティ

「今付き合ってる子、歌が超上手くて。ただプロフ画像は盛られていたけれど(笑)歌声に癒やされるからOK。音楽の趣味も合うし」(25歳・フリーター)
Singというカラオケアプリを知っていますか? 一人でもカラオケの練習ができ、また、世界中のユーザー(もちろん、日本人も多いです)とオンラインでデュエットできる機能もあります。目的はユーザー同士で歌うのを楽しむことなのですが、相手の歌声が気に入って、そして、お互い同じアーティストが好き、という共通点もあって、仲良くなるケースも!
カラオケに自信があるならば、参加してみるのはありだと思います。カラオケに限らず、共通の趣味や話題をきっかけに仲良くなれば、付き合える可能性が広がりますね。

会う前に電話で話すだけでも効果あり

ネット上での出会いを中心に紹介しましたが、もちろんネットに限っているわけではありません。たとえば、友だちから男子を紹介してもらうとき、会う前に何回か電話で話すだけでも効果はあると思います。

会う前にお互いの声を聞いて、気持ちの部分で仲良くなり、「あ、この子いいな」と思ってもらえれば、外見のハードルを乗り越えることもできるのです。もちろん、これは相手に対しても同様。少しくらいルックスが好みではなくても、付き合ってもいいかな、と思うかも。

「外見に自信がないや」、「直接会うと緊張しちゃう」という理由で、恋への自信を失っているのでしたら、会う前に仲良くなってみる、を心がけてみましょう!(ハラ マキ/ライター)

(愛カツ編集部)