年下彼氏
2018.2.19

「結婚するならやっぱり年下の男性が良い! 」という女性のために、年下彼氏との結婚を狙う上で、確認しておきたいことをまとめました。

年下彼氏

貴女の中身に惚れていますか?

若い男性から見ると、年上の女性には大人の魅力を感じるものです。年下の彼が貴女と付き合っているのは、貴女に大人の魅力があるからに他なりません。

そこで確認しておきたいのは、彼が「貴女のどこに惚れているか」です。もしそれが、包容力や立ち振る舞いなど『内面的なもの』なら問題ありませんが、容姿など『外見的なもの』ならば要注意。結婚しても徐々に貴女の魅力は薄れ、彼が他の若い女性へ気が行ってしまう可能性が高いのです。

そうならないためにも、貴女の『中身』を好きでいてくれる相手を選びましょう。

立場は対等ですか?

男女関係というのは、どちらかがリードするくらいなら大丈夫ですが、片方が依存するような関係だと上手くいきません。

年下の彼だからと、経済的な面などを全て貴女が負担していたりしませんか? もし彼が貴女に甘えすぎている場合、結婚してもずっと貴女に甘え続けることになるでしょう。「私が彼を養ってやる! 」というくらいの覚悟がなければ、結婚しても苦労することになります。

逆に、年下でもリードしようとする男らしさを見せる等、対等の関係を築こうとしている男性なら結婚相手として相応しいと言えるでしょう。

子供は欲しがっていますか?

「結婚して子供が欲しい」と考えている女性には、必ず確認しておきたいポイントがこちら。女性は年齢を重ねるごとに妊娠に関するリスクがどんどん上がっていきますが、その「待ったなし」の状況を彼が把握しているかどうか確認しておきましょう。

若い男性の場合「まだ子供は欲しくない」と考えている可能性もあります。欲しくなった頃に「時すでに遅し」とならないためにも、子供の事について彼と一度話をしてみましょう。

 

長く連れ添う相手だからこそ

年下男性の場合、若さやパワフルさに惹かれがちですが、結婚したらその先一生一緒に居ることになるのです。後悔しないためにも、客観的な視点で自分たちを見つめ、本当に一緒にやっていけるかどうかもう一度よく考えてみましょう。長く連れ添う相手だからこそ、しっかりと見定めたいものですね。(水林ゆづる/ライター)

(愛カツ編集部)