モテる

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

「どうせ私なんて年だから」
「私はブスで化粧しても変わらない」
「私って本当にモテないんです」
「自信がなくて恋愛に踏み出せないんです」

など卑屈なことを言う女性はより縁遠くなります。ブスだから、年だから、自信がないからというより卑屈だからモテない。

しかし、ご本人は謙遜のつもりでいることも。同じことをやっても謙遜に聞こえる場合もあるかもしれません。謙遜と卑屈の違いについて説明します。

モテる

●成功者が「モテない」「自信がない」は親近感がわく

女性誌にアイドルや人気芸能人のインタビュー記事を見ると「自信がなかった」「モテないです」「恋愛不器用」などよく書いてあります。
本当かよ!と思いつつも、逆に「自信あります」「モテて1カ月に3人から告白された」「彼氏が途切れたことがない」など言えば(キャラ次第かもしれませんが)鼻につき人気がなくなるかもしれません。

うまくいっている方、社会的地位がある方、そんな方がへりくだって現状より自分を低く見せるのは身近に感じて親近感が持てることあるでしょう。

●若くてかわいい女性だから「おバカキャラ」が愛される

若くてかわいくて、そして賢い。それじゃ、最強ですね。完璧すぎて、親近感もわかないのです。
完璧な人の欠点だからそれが愛嬌になるのであって、欠点が多い人の欠点なんてみじめなだけ。

里田まい、小倉優子、釈由美子、昔は天然おバカキャラだったアイドルも一定の年齢になるとキャラ変更していきますよね。
美人でもなく、スタイルがいいわけでもなく、若いわけでもないのに「バカだから」は魅力になりません。

●元の立ち位置が普通以下の人が同じことをやれば面倒くさい!卑屈

全然うまくいっていない方が「私ってダメ」「自信ない」とかいったらただの愚痴。
言われた側はどう反応するでしょうか?関わらないようにするかもしれません。元気づけようとするかもしれません。「そんなことないよ」「大丈夫だよ」など、慰めてあやすのってエネルギー使います。面倒くさいのです。

本当にブスな人が「ブスだしモテない」といっても救いようがないですよね。

外見が普通の30代が「おバカキャラ」なんてなりえません。「その年でイタイ」と思われるだけ。
同じことをやっても元の立ち位置が違えば、他人が親近感を持つこともなく、欠点が魅力になることはありません。

●「自分の立ち位置」と言われてピンと来ないなら謙虚なんか目指すな

じゃ、どの程度から謙虚と卑屈は変わってくるのでしょうか。
自分のことを「普通」と思っていて「立ち位置」と言われてもあまりピンと来ない方は、ちょっと図々しいぐらいに自信持っていてもいいのではないでしょうか。
「ブスだしダメ」「自信がない」と思っても「かわいくなりたい」「キレイになりたい」と欲張りに上を目指してください。

この時大事なのは、周りと比べるのではなく、昔の自分と比べて魅力的になることを目指しましょう。そうすれば自然と向上心がある魅力的な女性になります。

そして周りから扱いが変わったら、腰が低い態度が好印象かも。謙虚ってある程度のポジションになってから、目指せばいいふるまい方。(菊乃/ライター)

(愛カツ編集部)