言葉では表せないけれど、一緒にいて何となく「心地いいな」と思うことってありますよね。

気になる彼にも同じような感情を持ってもらえれば、恋愛対象として扱ってもらえるかも。
そこで今回は「男性に『この子と相性がいいな』と思わせる方法」についてご紹介します。

1、 相手の動作を真似てみる

こちらは心理学でいう「ミラーリング」を使った方法。「人は似たもの同士を好きになる」とはよく聞く話。これを実践して、彼にアプローチをしてみましょう。
まずは「彼があくびをしたらあくびをしてみる」方法が、誰でもやりやすくて良いかもしれませんね。そのまま「あくびがうつっちゃった!」と言えば、彼も「かわいいな」と思ってくれるかもしれません。そのほかにも喋りかたや彼と同じ食事を注文するなど、初対面でも「相性が合うな」と思わせる方法はたくさんあります。
ただあまりにも真似しすぎてしまうと、相手に「ウザい」と思われてしまう可能性も。あくまでさりげなく行うことが大切ですよ。

2、 価値観をすり合わせる

よく「破局の理由は価値観の違いです」なんて言葉を聞きますよね。それだけ自分の考えを理解してもらえるかどうかは、重要な問題です。彼に「相性がいいな」と思ってもらいたいのであれば、価値観のすり合わせをしてみましょう。たとえば彼が「結婚後も働いてほしい」との考え方なのであれば、まずは否定せずそれに同調するのも方法のひとつ。また彼の笑いのツボを理解して一緒になって笑うことで「価値観が似ている」と思ってもらえるかもしれません。些細なことではありますが、一緒にいて心地よいのは確実ですよね。
もちろんどうしても理解できないものであれば無理する必要はありません。自分の考えと照らし合わせて、彼との関係を深めてくださいね。

3、 気を使いすぎない

好きな人相手だと緊張して会話がぎこちなくなってしまう人も多いでしょう。でも下手に気を使いすぎてしまうと、「真面目すぎる」「この子は大人しそう」と勝手にイメージ付けされてしまうこともあります。結果アタックをする前に、恋愛対象から除外されてしまいがちに。
好きな人だからこそ変に気を使うのではなく、できるだけ自然体に振る舞うにしましょう。そのほうが自分も空回りしないし、彼から「フィーリングが合う」と思ってもらえる可能性が高くなりますよ。

おわりに

「相性のよさ」は彼の感じ方次第だからこそ、操るのも難しいかもしれません。
でもその分「相性がいい」と思ってもらえれば、付き合える可能性も格段に上がるでしょう。
彼のタイプに合わせて、上記のような方法を試してみてくださいね。(和/ライター)

(愛カツ編集部)