2018.2.26

最近何だか彼とうまくいかない…、怒りたくないのにつまらないことで言い過ぎて喧嘩しちゃう。
実は、意外なコツで気まずい空気をキャンセルできるかも。ぜひチェックしてみてください。

実はお腹が空いているだけ

そんなバカな!と思う理由かもしれませんが、これは結構真面目な話。
お腹がすくと空腹を感じる神経の近くに、不快な感情の神経があるのです。

これは男女に関係なく、人間であれば普通のこと。
特に女性は子どもを産んで育てるシステムが体に備わっているので、空腹状態に危機感を感じやすく、気が立ってしまいやすい傾向があります。

ちょっとムカッとしてしまったり、喧嘩してしまったら、気分が乗らなくても少し何かを食べてみてください。
意外とあっさり、気分が落ち着くかもしれません。
気分が落ち着けば、素直な言葉もきっと出てくるはずです。

ホルモンバランスの乱れ

生理の前はイライラする。というのはよく知られていますが、実はその時期を含めて4種類のホルモンが生理周期に合わせて変動しています。
つまり自分の性格や考え方が4回変わるのです。

イライラしていたりネガティブな時期は、彼氏の何気ない一言が大きく感じられることもあります。
そんな時はちょっと時間を置いてから、結論を出しても遅くはないはずです。

彼と適度な距離感を見つける

彼に起こったことをまるで自分に起こったことのように受け取る。
とても素晴らしいですが、自分に余裕がない時は感情が乱れやすくなります。

何故ならあなたはあなたで毎日自分の生活があって、自分に起こることを精一杯にこなしています。
ですが、彼氏のことも自分に起こったことと思ってしまうと、『自分がコントロールできない物事』をもう一人分背負うことになるのです。

彼のことは大切なことに変わりありませんが、彼は彼の人生があり、あなたにはあなたの人生があります。
相手の人生に関わり過ぎず、そっと寄り添うぐらいの距離感が、良い関係を続ける場合もあるのです。

 

まずは自分を見つめてみる

彼とうまくいかない時は、本当は自分がどうしたいのか分からない時なのかもしれません。

もしかしたら意外な事が喧嘩の原因かもしれません。
そんな時はちょっとだけ自分を見つめ直して、大切な彼と仲良く過ごせる時間をたくさん作りましょう。(はせハルカ/ライター)

(愛カツ編集部)