「なんかこの子はめんどくさそうだな」とか「扱いが大変そうだな」と感じる女性には、男性は好意を持てません。

下手に関わりを持ったりすると、鬱陶しい目に遭いそうな予感しかしないので、そもそもあまり近づこうともしないかも。

そこで今回は、男が「うかつに近づけない女性」の共通点を紹介します。

■「マイナス発言」が多い

「私なんかダメだし…」とか「どうせ私なんて…」などといったマイナスな発言ばかりをしている女性には、男性もいい印象は抱かないもの。一緒にいても暗い気持ちになるだけでしょうし、マイナスなオーラが伝染しそうな感じもするので、あまり近づきたくないというのが本音でしょう。

また、自分に対するマイナス発言だけではなく、他人に対しての愚痴や不満をよくこぼすことが多い女性も、男性からは敬遠されてしまいます。やはり笑顔が多くて明るい女性に男性は惹かれますし、そういう女性を恋人にしたいと思うものですよ。

■「自分中心」じゃないと許せない

みんなで楽しく食事をしたりお酒を飲んだりしているときなどに、常に自分の話をしたがったり、自分が話の中心になっていないと不機嫌になったりする女性。そういう女性は、男性からは「めんどくさい子だな」とは確実に思われてしまいます。

自己中心的で一緒にいると振り回されることになるのが目に見えているので、友達としても距離を置かれる可能性だってあるかも。自分のことばかりではなく、場の空気がきちんと読めて、周囲へのさりげない気配りや気遣いができる女性こそ、男性の“理想の彼女像”でもありますよ。

■「恋愛依存度」が高すぎる

何よりも恋愛が大事で、恋愛が全てになってしまっているような女性は、男性からすると「重い女」にしか見えません。もしも付き合ったりしたら、激しく束縛されて、自由を完全に奪われそうな恐怖心さえ感じることでしょう。

付き合う前から重そうな気配のする女性に、気軽に近づいていこうとする男性はまずいないはず。恋愛に依存してしまうのではなく、仕事や趣味など、何かに没頭している女性の姿にこそ、男性は魅力を感じるし、好意を抱きやすいものですよ。

■ちょっと「粘着質」な面がある

粘着質な女性は、男性からするとただただ怖いだけ。深く関わったりしたら、執拗に付きまとわれて鬱陶しい思いをするようなイメージがあるので、なるべくある程度の距離感は取るようにしようと考えるはずです。

しつこく何度もLINEをしたり、いつまでも過去のことを根に持っていたり、嫉妬心や依存心が強かったりする女性のことは、男性は本能的に避けたくなります。自分の思いばかりをぶつけてしまうと、男性は息苦しさを感じて逃げ出してしまうものなので、相手の気持ちを考えるようにすることが何よりも大事ですよ。

おわりに

男性から近づきにくいと思われてしまうと、もちろんなかなか恋愛関係にも発展させられません。特に、めんどくさそうな印象を与えてしまうことは、一番の危険ポイントだと言えますよ。 (山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)