社内恋愛

社内恋愛は、お互いの素性がはっきりわかる上に仕事での顔も見られるとあって、手堅い相手を探すにはうってつけ。それなのに「あのコとはちょっと、ないわー」と、社内の男性から敬遠されてしまう女子がいます。

せっかくの恋のチャンスをつかめず、「社内恋愛はムリ!」と男性に思わせてしまうのはどんな女子?

社内恋愛

デスクが汚い

「デスクが汚い女のコって仕事ができなそうだし、大事な書類をなくしたりしそう。仕事の書類や資料が散らかってるのはとにかくイヤ。仕事のできるイメージゼロです。さらに、飲み物やお菓子がデスクにいっぱい出ていると『家も汚いんだろうな』と思います。

特に、マグカップに飲み物が残っているのに開封されたペットボトルも置いてあるような、片っ端から食べ散らかしてるところが想像できるようなコはホントにムリ」(26歳・男性)

デスクの散らかり=生活態度や家の散らかり具合と考える男性も多いです。実際には、一見散らかったデスクでも本人なりの秩序があったり、仕事ができる人も多いのですが、どうにもだらしない女子に見えがちなのがネックです。逆に、ここがキレイならそれだけで「きちんとしてる」と思わせることのできるポイントです。整理整頓を心がけて。

過去の恋愛がバレてる

「自分の同僚と付き合ってたとか、過去の恋愛を知ってるコとはわざわざ付き合う気になれません。社外のコなら、元カレがいるというだけなら、具体的に想像しなくて済むけど、自分の知ってる社内の人と付き合ってたとなると、『あいつとどんな付き合い方を?』と意識してしまいます。生々しすぎてムリなんですよ」(28歳・男性)

自分の知らない元カレがいるのは理解できても、顔や性格もはっきり知っている元カレの存在は認めたくないのが男性です。具体的なイメージがわけばわくほど、「あいつともこんなことをしたの?」と、やけにリアルな妄想をしてしまうこともあるよう。社内恋愛をしたいなら、過去の恋愛事情は極秘にするくらいの覚悟でいないと、貴重な恋のチャンスを逃してしまいますよ。

あまりにもものを知らない

「後輩の女子なんですけど、何度言われても『以上』と『未満』の違いがわからない。社会人なのにどういうこと?って思うじゃないですか。

女子がものを知らないのは可愛く見えるシーンもあるけど、常識と言えるようなことを知らないのは、可愛いというよりは『大丈夫かこのコ?』という感じです。さっきのコは、影で『以上と未満』ってあだ名をつけられてますよ」(24歳・男性)

女子に何かを教えてあげたいとか、ものを知らない女子を可愛く思う男性は少なくないと思います。でも、それは女子の知らない自分の趣味の話題で『すごい!」と言われるのが好き、というような意味です。最低限の常識はやはり必要。なんでも「知らなーい」では済まされません。本命の彼女には知性を求める男性もすごく多いですよ。

私物を会社に置きまくる

「僕の周りだけかもしれませんが、会社に私物を何でも置いてる女性って、厚かましいことが多くないですか?いわゆる『お局』と言われる女性にこういう人が多いと思います。自席にブランケットとクッション、デスクの引き出しにはお菓子がぎっしり、給湯室にはMy茶葉、出社したらクロックスに履き替え……。

中にはヘアアイロンやワックスまで置いている人っていますよね。会社を自宅のようにしちゃう人って、公私の区別がつかなそうで苦手です。」(30歳・男性)

もしかしたら会社に泊まれる?というくらい、会社が私物だらけの女子は、「付き合ったらマーキングしそう」という声も。

オフィシャルな場である会社に、自分の私物をガンガン持ち込んでまで居心地のいい空間を作ろうとする姿勢に「家じゃないよね?」と思っている男性も多いよう。他人と自分の境界があいまいというのは「付き合ってから豹変して図々しくなりそう」というイメージにつながるようです。

 

会社は本当なら恋愛するところではありません。それだけに、ちょっとしただらしなさや、過去の恋愛などが透けて見えると、それが本性だと思われやすいんです。社内恋愛をしたいなら、いつ見られてもいい緊張感が必要と言えそう。(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)