きちんと連絡をくれる彼。LINEは毎日やり取りするし、電話もときどき。もちろん適当な内容じゃなく、とっても楽しいやりとり。でも、なかなか会えない。忙しいから予定が立たないのはわかっているけど、会えないので落ち込んでしまう。結局、LINEも電話も恋しくなるばかりで不安になってきた。

でもでも、会えない女にわざわざ毎日連絡もしないと思うし……。ただマメなだけなのかな……。

こういったパターンは特別ではありません。今回は「会えないけど連絡はある」について、どんな状況なのか、考えてみたいと思います。

多忙ならしかたないの?

本当に多忙だと会いたい気持ちすら失います。

でも「まったく全然、さっぱり会えない」ことは、かなりの遠距離恋愛でない限りないと思います。まったく会えなければ彼だって罪悪感を感じますから、会うそぶりくらい見せると思います。

会う約束をしてキャンセル。これはさすがに連続して二回まででしょう。埋め合わせがあるかないかで考えます。

「待つ」という行動は具体的な日付や具体的なものごとについてです。漠然とは待てません。

また、「これからも忙しい」と伏線を張るような言動があったり「付き合っても、なかなか会えないかも」と先に言うのは要注意。

本音は「会うのはめんどくさい」かもしれません。

遊ばれてるんじゃないよね?

「会っていないんだから遊びじゃない」と思いがちですが、最悪の場合、ほかに女性がいるということもありえます。

多くの女性と会うのはリスクですが、会わないで連絡を取るだけならリスクは少ないでしょう。言葉は悪いですが、寝っ転がってできるLINEや電話のすべてを信頼しないほうがいいということ。

電話の時間をやめて短時間でもいいから会いに来てくれたほうがうれしいですよね。

それでも連絡し続ける意味とは

楽しいから連絡しあっている。恋人だから連絡するのは当然。それなら問題はありません。

しかし別の観点から見てみると、連絡をしあう女性がいるのはいい気分。いわゆるLINE友達のような相手が欲しいという気持ちです。

会うのはめんどくさいけれど、いい気分にはなりたい。じゃあどうするかというと、カンタンなLINEをやり取り……というパターンもなきにしもあらずです。

不安材料ばかり挙げてみましたが、本当に会う時間が取れないのかもしれませんよね。そこで、彼に「この状況は不安」と言えるかどうかがカギになってきます。言えるでしょうか。そして、ダメもとで約束してみましょう。

「忙しいのだから連絡しないでいいよ。会える日に向けて集中してね」と言い、連絡しないでおきます。数日前に、約束の日は会えそうか確認をする。そこで「会えない」と彼が言うなら「会えるまで連絡しないでいる」と答えます。「多忙なのだから放っておく」スタンスですね。

彼が何もアクションを起こさないなら、会う気がないと考えましょう。「会えなすぎ」は多忙以外の理由と判断します。

毎日「私の家まで来て。迎えに来て」と無理を言っているわけでもないのに、不安を言えない彼、会いたい気持ちを共有できない彼は恋人なのでしょうか。

多忙だとしても「会えなくてあの子は悲しいのではないのか」と、思いやれるような人が恋人だと思います。考え方の参考にしてみてくださいね。

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)