酔ってる時
2018.2.21

男女に関係なく、お酒が入ると人間はついつい本音を漏らしてしまいがち。それは異性に対する想いも例外ではありません。
しかし、お酒の席での言葉は信用しても良いのでしょうか。

酔ってる時

男性と女性では酔った時の対応が異なる

アルコールが入るといつもの自分とは異なる自分が出てくる人も多いかと思いますが、これは男女で異なる一面があるのだとか。

酔っぱらっているときの「好き」という言葉に対する感覚は男性と女性で異なるようです。つまり、女性的な価値観で判断すると判断ミスを起こしてしまうこともあるようです。

恋愛対象でない女性にも魅力を感じる

男性は酔っぱらうと恋愛対象でない女性にも魅力を感じることがあるようです。恋愛での好きではなく、友人として好き、人間として好きという意味が混在し、口にすることが多いようです。
これは単純に酔っぱらうことで男性が楽しくなっているだけです。

つまり、いつもよりハイな精神状態になっているので、勢いよく告白することがあるようなので、その言葉を鵜呑みにするのではなく、慎重に捉えましょう。

共同作業を行っている男性には要注意

合コンや飲み会をきっかけに知り合い、その後、何度か会うことがあり、親睦を深めていく場合は問題ありません。しかし、職場やサークルといった同じ環境で同じような作業を行っている男性が酔っぱらって、告白してきた時は注意しましょう。

共同作業を行うことで、異性の仲間に対して、共感が生まれ、潜在的な意識として蓄積されます。普段はその気持ちがどういうものかを把握していますが、酔っぱらうとその判断能力が落ち、ついつい「好き」という言葉を発してしまいます。

お酒の力で素直になる時もある?

最近では草食男子や絶食男子といった恋愛に消極的な男性が急増しており、好意を持ってくれたとしても告白をしてくれる男性は少ないようです。
しかし、そんな男性でもお酒が入ると少し気が強くなってしまうもの。「実は…」と思わず、好きと告白してくる男性もいらっしゃいましょう。

なかには、お酒が抜けるとなかったかのような振る舞いをされる方もいらっしゃいます。そういった男性は決して悪ぶっているわけではなく、普段の自分に戻っただけなので、後日告白してくれるように仕向けるのも良いでしょう。

 

お酒の席の言葉は基本的に用心を!

酔っぱらって、好きと告白してくる男性の本心はあまり信用しない方がいいかもしれません。しかし、中には本音を言っている方もいらっしゃいます。その方があなたも気になる男性であれば、後日、きちんと告白するように仕向けるのも良いかもしれません。

(愛カツ編集部)