大好きな彼への気持ち……一途な愛のつもりが、男性にとっては重いと思われていた!そんな経験がある女性は少なくないはず。「一途」と「重い」はまさに紙一重。男性が「この子、重い女だな」と思ってしまうような重い女の特徴を、ライトなものからヘビー級までレベルにわけてご紹介します。

好きな気持ちを抑えられない

「暇さえあれば、『好き』『早く会いたい』ってLINEを送ってくる子は、重いなって思う。だんだん面倒くさくなって返信せずにいると『好きじゃなくなった?』『ダメなところがあったら言って!』とか来てたから、『その気持ちが重いんだよ』って思わず言ってしまった。」(25歳/銀行員)

「彼女の家に泊まった次の日は、だいたいお弁当を作ってくれるんだけど、ふりかけでハートを作ったり、のりで『大好き』ってメッセージを書いたり、人前では開けたくないようなお弁当を作ってくれる。おいしいから作ってくれるのは嬉しいんだけど、せめて上司の前で食べやすいお弁当にして!」(26歳/自動車販売)

まずはライトなものから。好きな気持ちを抑えられずに取った行動が、彼が「重い」と感じてしまうことにつながる場合も。彼のことが大好きでも、気持ちを伝えるのはほどほどにすると「一途」だと思われるはずですよ。

自分の予定は後回し

「突然の誘いでもいつもOKしてくれるから、ある日気になって『予定なかったの?』って聞いたら、『断ったから大丈夫!』って普通に言われて。それって友達にはドタキャンしたってことでしょ?そこまでしてくれなくても……彼女には友達との関係も大切にしてほしい。」(27歳/エンジニア)

自分の予定を断ってまで会いに来てくれたことに、嬉しさを感じる男性もいるかもしれませんが、それが続くとだんだん「重い」と思われる可能性があります。いつも誘いに乗るよりも適度にお断りするほうが、男性にとっても魅力的な女性に見えるはずですよ。

怒ると何をするかわからない

「仕事で連絡先を交換した女性とメールをしていると、それを見た彼女が勘違いして包丁を持ち出して『今からその女に連絡して!』と怒り出した。仕事だと言っても、興奮しててわかってくれなくて大変だった。それ以降彼女への気持ちが冷めてきてるけど、怖くて別れが切り出せないでいるんです。」(29歳/インストラクター)

最後はヘビー級の意見をご紹介しました。好きすぎるゆえの行動とはいえ、女性からみても引いてしまう行動ですね。怒っているときに冷静になるのは難しいかもしれませんが、思い当たるふしがある人は、深呼吸するなど怒りを抑える方法を見つけるといいでしょう。

まとめ

自分が当事者になると、「一途」なのか「重い」女なのかわからなくなってしまうことがあるかもしれません。そんなときは、自分の行動を思い返してみましょう。脱「重い」女になれれば、彼の気持ちを離さない愛され女子になれるはずですよ。

(愛カツ編集部)