ショックな言葉

男性は意外と繊細でナイーブな人が多いので、女性から言われた何気ないひと言で大きく傷ついたりもしてしまいます。

そして、そんな仕打ちをしてくる女性に対しては、嫌悪感を抱くようになったりもするもので注意するべきです。

そこで今回は、男性が意外にも「ショックを受ける言葉」を紹介します。

ショックな言葉

■「そうじゃないって」

自分のやり方や考え方を頭から全否定されたりしたら、誰だってかなり腹が立つはず。

しかも、男性が女性からそんなひどい仕打ちを受けた場合は、男としてのプライドもズタズタに傷つけられてしまうことでしょう。

たとえ男性のやり方が間違っていたとしても、「そうじゃないって」とか「普通はこうするよね」なんて言い方はさすがにNG。

女性から上から目線でダメ出しをされたら、男性の受けるショックは相当大きなものになります。

「こういうのはどう?」と提案するような形にするのがベストですよ。

■「なんかおもしろいことないかな」

平凡な日々を送り、刺激的なことがあまり起こらないような状況が続くと、「なんかおもしろいことないかな」なんて思わず口にしたりもしがち。

ただ、気になる男性と一緒にいるときには、このセリフを絶対に言うべきでありません。

「あなたといても楽しくない」と言われているかのように男性の耳には聞こえてしまうので、あなたの印象も悪くなってしまうだけ。

そもそも「おもしろいことでもないかな」とつまらなそうな顔でボヤいてばかりいる女性は、男性には全く魅力的には見えないはずですよ。

■「知らないんですか?」

男性は常に女性よりも上に立っていたいし、女性から頼りにされたり、色々と教えてあげたいと感じているもの。

だからこそ、「知らないんですか?」と、知らないことを女性から指摘されたりしたら、かなり嫌な気分になることでしょう。

逆に、男性が話している内容について、「そうなんですね、知りませんでした!」なんて言ってあげると、男性は自尊心をくすぐられてかなり喜んでくれるはず。

気になる男性に対しては、自分が教えてもらうような形を取る方が、好感を持ってもらえるものですよ。

■「なんか頼りないな」

男性が最もショックを受けるのが、男としての存在価値を否定されることです。

「頼りない」「男らしくない」「情けない」といった言葉は、その代表ともいえるもの。

そんな言葉を投げかけてくる女性には、敵意すら持ってしまう可能性だってあるかもしれません。

ちょっと情けない一面を見たときなどに、「なんか頼りないな~」なんて言ってしまったりもしやすいです。

でも、女性は軽い気持ちで言ったつもりでも、男性には重く突き刺さるひと言であるので、不用意には口にしないように気をつけるべきでしょう。

おわりに

そんなに深い意味はなく放ったひと言によって、男性に嫌われてしまうなんてこともあったりします。

男性はプライドが高い生き物なので、そのプライドを傷つけてしまうと、一気に印象は悪くなっちゃいますよ。(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)