年齢を重ねていくと、自分の恋愛観の変化に気付きませんか?
それこそ若い頃は、ワガママで好き勝手に付き合っていたと、今になって反省してしまう女性も多いはず。

それがアラサーになってから、地に足がつくようになったからでしょうか。
自分の気持ちを押し付けるよりも、相手の気持ちを気にするようになった女性も多いのでは。
もし、まだピンと来ない女子がいたら、アラサーの恋の仕方を理解すると、より恋愛の成功率を高められるかもしれません。

彼の幸せを考えられる

若い頃の恋愛は、相手に求めることが多いもの。
彼から連絡が欲しい、彼にキスしてもらいたい、彼から好きと言われたいなど。
実際に、彼から連絡をもらったり、キスをされたところで、満足してそれで終わり。

いわゆる、子どもが親に「おもちゃを買って!」とせがむように、満たされないものを必死になって求めようとする。
そんな自分主導な恋が多かったのでは?
その点、大人になると求めることよりも、与えることに意識が向くようになります。

彼がどうすれば喜んでくれるのか、彼の悩みがどうすれば軽くなるのか。
彼が少しでも幸せを感じられるために、自分に何ができるのか――。

そんなことを考えながら、相手との恋を進めるのです。
こうした意識で恋をするのは、ちょっと慣れが必要かもしれません。

それでも「私は●●が好きだけど、●●は何が好き?」といったように、自分の意見を言うだけではなく、相手にも聞く配慮が取れるとか。
「そうだよねえ、私が●●だったら……」と、相手の立場になって考えられる余裕を持つだけでも、あなたの印象は格段に違ってくるはずです。

彼の生活を応援してあげられる

恋愛というと、当人同士の問題で「相手のことだけを考えればいい」と、思っている女性も多いのでは?
確かに恋愛は、結婚のように責任がなく、好きならそれでいい、という印象ですよね。

でも、相手の幸せを願うなら、ふたりの関係だけでなく、彼の友達や家族、仕事仲間との関係も、「うまく行ってほしい」と考えたいものです。
単に「彼と付き合っていて幸せ」「一緒にいて楽しい」といった状態では、あまりいい付き合いとは言えません。

彼の仕事やプライベートの時間を尊重して、応援してあげることは大人の恋に不可欠です。
一見あなたには関わりのないことでも、こうした心持ちがあるかないかで、彼のあなたへの気持ちは変わるはず。
次第に、かけがえのない相手として特別感が増すようになるでしょう。

冷静に将来を考えられる

若いうちの恋は感情が優先されがちです。
それこそ彼が遠くに引っ越しても、相手の好きという気持ちが変わらない限り、懸命に相手を求めるでしょう。

でも、大人になると物事を現実的に見据え、結婚も視野に入れて恋をするようになりますよね。
相手とこのまま付き合っていて未来はあるのか。相手とこの先どうなって行きたいのか――。

そう考えた時、もし彼との関係に未来がない場合は、最悪「別れる」という選択肢も、現実的に考えなかければいけないでしょう。
「好き」という気持ちだけでは突っ走れない大人の恋は、そうした冷静な決断も下さなければいけないのです。

大人の恋は、ただ彼と一緒にいて楽しいだけでは続きません。
お互いのことをどう思い、考えられるのか――。
あなたなりのペースでいいので、少しずつ意識してみてください。(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)