年下男子を好きになったけど、私って恋愛対象にカウントしてもらえるの?なんて気になる人も多いのでは?

年上女子も全然OK!という年下男子も増えていますが、「やっぱりムリ」と思われてしまうケースもあるようです。年のせいじゃないなら、何がいけないの……?年下男子が「恋愛対象としてはナシ!」と感じるポイントをまとめました。

女を捨てる

年下男子に限ったことではないですが、「女を捨てるのは論外」という厳しい声が。無条件に年下の女性がいいという男性が何割か存在する一方で、とにかく年上がいい!いう意味での「年上フェチ」はかなり少数。

「魅力的な人だから、年上なことは気にならない」というのが本音のよう。「可愛らしく振る舞うのは恥ずかしい」と、年下男子に対してガサツな態度をとったりオシャレして会うことに抵抗を持つ女子が一定数いるようですがそれは損!照れずに女らしく。

媚びた態度

可愛く振る舞うのはいいけど、媚びる年上の女には「どうしていいかわからない」という声が。彼が年下だからと奢ってばかりとか、なんでも彼に合わせてばかり、LINEでベタベタした感情のやり取りをしようとする……。

これみんな「媚びてる」と思われる原因に。優しくて心の広い年上は好きだけど、媚びて機嫌を取ってくる年上女子は息苦しいのだそう。本音を見せないとか、自信がなさそうという印象にもつながるらしいです。「物わかりのいいお姉さん」になろうとすると、都合のいい女に一直線らしいですよ。

年上の男性と比較

女子サイドが年上なことにばかり目が行きがちですが、年下男子も魅力的な年上女子に対しては「僕は年下だけど、いいのかな」「周りにはもっとデキる男がいっぱいいそう」と悩むこともあるようです。

それだけに、年上の男性と年下男子を比較するのはかなりの地雷です。「だったらそっちに行けば?」と言われてしまうかも。年齢差があるほど価値観の違いが浮き彫りになりがちですし、周囲の他人との比較はそもそもNGと思っておいた方がよいかもしれません。

だらしない

年上女子に関しては「抜けてるのはいいけどだらしないのはダメ」の一言に尽きるそう。ちょっと天然が入ってたり、抜けたところのある女性に対しては「可愛いな、と親近感がわく」と言いますが、だらしないのは「この人、大丈夫?」という評価につながるそう。

特に「家が汚い」「公共料金などの滞納」「遅刻癖がある」「服に毛玉やシワが目立つ」などは大きな減点のモト。きちんとした振る舞いを心掛けて。

セクハラ

サバサバした年上の女を意識しすぎてか、年下男子にセクハラ的な発言をしてしまう年上女子がいます。話の流れを無視して「彼女もいないの?ダメじゃん」など踏み込んだ話を振ったり、「筋肉すごーい」と触ったりするのは「おばさんかよ」と不評。

恋愛事情が知りたいとか、自分を女性として見てくれているか知りたいという気持ちがあるにしても、そんな下心を隠さず出すのは年下男子からするとセクハラに。対等な恋の相手とは思えなくなってしまいます。

年齢に対する自虐

「私、もう30だからさ」のような年齢による自虐が年下男子たちを困らせることも多いです。「なんとなく年齢に引け目を感じちゃってるんだろうな……と思う女性は多いけど、それを口に出さずに控えめな態度な人はむしろかわいい。

でも、人に『そんなことないよ』って言わせたいだけの人は面倒くさい」という声も。恋は面倒くさいものだけど、最初から面倒くささを前面に出してくる女性はあえて恋の相手に選ばない。魅力なし!なのだそう。

 

なかなか厳しい意見も多いですが、年下男性の嫌がることってそんなに特別なことではありません。媚びられたり、ほかの女性と比較されたり、セクハラされたり……などなど、これらのポイントって、「女子が年上の男性にされて嫌だと思うこと」とほぼ同じのはず。

普通レベルの慎みや、人間関係に対する距離感があればむやみに恋愛対象から外されることはないでしょう。年はあえて忘れて、女子として魅力的に見せることに気を配るのが吉です!(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)