スッピンとかね、無防備な姿でいる子を思いっきり抱きたい。

なかなか好きと言ってくれない恥ずかしがり屋の彼からのラブサイン。あなたはちゃんと受け取れていますか?

今回は、そんな彼があなたのことを「かわいくてしょうがいない」と思っているときのサインをご紹介します。言葉ではあまり気持ちを伝えてくれないという彼氏がいる人は、チェックしてみて。

スッピンとかね、無防備な姿でいる子を思いっきり抱きたい。

彼女の趣味の時間に付き合う

「自分は興味のないことでも、彼女が好きなことなら一緒に行こうかなって思う。例えば、ショッピングとか映画とか。楽しそうにしている彼女の姿を見てると、かわいいなって思うんだ」(29歳/マスコミ関係)

ウィンドウショッピングが苦手な男性が多いけど、彼氏はいつもわたしに付き合ってショッピングに行ってくれる……それは、彼なりの愛情表現のひとつ。

自分が興味のないことに付き合うのは少なからずストレスがたまりますが、それよりも彼女が楽しいと思う時間を優先したいという男性の気持ちは大切にしたいですね。

後ろからギュッとハグ

「家でテレビを見てるとき、外とは違うリラックスした姿がとてもかわいくて、後ろからハグしちゃいます。そのまま一緒にテレビを見る時間がたまらなく幸せ」(27歳/外資系)

「たまに彼女が泊まりに来てくれるんだけど、エプロンをつけてキッチンに立ってる姿が好きなんです。新婚さんみたいで、俺のために料理を作ってくれてると思うと、『ありがとう』の気持ちも込めて、ギュッと抱きしめたくなります」(29歳/食品メーカー)

突然のバックハグは、好きと言葉に出せない男性からの精いっぱいの愛情表現のひとつ。男性の顔が見えないよう後ろからというのも、恥ずかしがり屋の彼らしい行動と言えるでしょう。言葉を返す必要はないので、ハグを受け入れることであなたからの愛情も彼に伝えられるはずです。

ベッドの中では甘えん坊

「一緒に寝るとき、彼女にくっついて温もりとか柔らかさを感じながら寝ると、安心して本当にぐっすり眠れるんだ。普段は恥ずかしくて好きとか言えないし、手も自分からはつながないけど、ベッドの中だと素の自分を出すことができるんだよね」(25歳/美容師)

「いつもラフな恰好の彼女だけど、家の中でだけは女の子らしい部屋着やパジャマを着てくれるのが嬉しい。かわいなーと思ってついちょっかい出して甘えたくなります」(29歳/編集)

普段甘える素振りを見せない彼が、ベッドの中では甘えん坊になるという人は多いはず。家の中でふたりきり、さらに布団で隠されているという空間では、より素に近い自分を出せるようです。そのままイチャイチャタイムに突入するのもよし、彼の甘えん坊を堪能するもよし、ふたりだけの甘い時間を過ごしてみてはいかがですか?

まとめ

愛情表現が苦手な彼氏だと、いろいろ不安に思うこともあるでしょうが、彼なりにラブサインを出してくれているはずです。それに気付くことができれば、さらに彼との仲が深まるでしょう。

(愛カツ編集部)