趣味

合コンや飲み会で、「趣味はなんですか」と聞くというのは、他に会話のネタがないからだ、と言う人がいます。
相手のことを知る入口として、趣味の話題というものは存在するものですが、たしかに他にこれといった会話のネタがないときに、趣味の話をしてしまうのも私たちの特徴かもしれません。

さて今回は、男子が聞くと「いい女だ」と思ってしまう女子の趣味についてご紹介したいと思います。
さっそく見ていきましょう。

趣味

1:ダンス(フラメンコやベリーダンスなど)

「この前の飲み会に、ベリーダンスが趣味だと言っている女性が参加していました。
わりとふつうのルックスの女子だったのですが、彼女が踊っている姿を想像すると、ものすごくいい女に感じてしまうから不思議です」(27歳・建築)

一説によると、男子って女子よりも想像力がたくましいと言われています。
たとえば「オッパイ」と、かわいらしい女子が言えば、男はその子のおっぱいを無意識のうちに想像しちゃったりするわけです。

だからたとえダンスが下手であっても、「ベリーダンスが趣味です」とか「フラメンコをやっています」とか、なにか適当なことを言っておくと、男子の妄想を掻き立てることができて非常にお得かもしれません。

2:和的なもの(日舞・華道・茶道など)

「ぼくはどういうわけか、日舞をやっている女性とか華道をやってきた女性とつきあう機会が多かったです。
そういう女性は、おしなべて品が良かったです。だからなのか、和的なことを趣味としている女性だと聞くと、非常に好感を抱いてしまいます」(27歳・不動産)

非常に女性らしい、たおやかさを持っている女子に見えるということでしょう。
「たおやか」なんて言葉は、おそらく今や一般的には使わないと思います。

でも、今でも多くの日本男子は、女子の中にたおやかさを無意識のうちに見ているものなのです。

3:サッカー観戦

「ぼくはサッカー観戦が趣味と聞かされたら、すごくいい女子だなぁと思ってしまいます。
サッカーのルールなんてまったくわかっていなくても、一緒にワイワイとサッカー観戦ができる……だからつきあいたいなと思ってしまうのです」(25歳・飲食)

サッカーのルールなんてまったく知らなくても、ワイワイと騒いで楽しめればそれでいいと思っている人は、合コンや飲み会で、「サッカー観戦が趣味です」と積極的に言ってみたらいいと思います。
要するに若い男子の中には、かわいい女子と一緒に騒ぐことができればそれでオッケーと思っている人もたくさんいるわけです。

それはそれで、若いころの恋としてはいいのではないでしょうか。
大人になったら、騒ぎたくてもなかなか騒げなくなるわけですから。

4:旅行

「旅行が趣味と聞くと、すごく好感度がUPします。好奇心旺盛なアクティブな女子に感じるからかもしれません」(26歳・メーカー)
アクティブに感じるからという理由もあるでしょうし、男女で楽しめる趣味だから……という理由もおそらくあるでしょう。

つきあったら一緒に楽しめる趣味を持っている女子って、男子が口説くハードルが低いものです。
また、つきあって喧嘩しちゃったときに、旅行が共通の趣味であれば、どこかに仲直りの旅行に行って……ご懐妊……みたいな?

いかがでしたか?
王道を行く女子の趣味って、どんなに時代が変わってもやっぱり和的なものなのかもしれません。
それは、本文にも書きましたが、どんなに時代が変わっても、男が女子を見る本質がそう大きくは変わっていないことの証左なのかもしれません。(ひとみしょう/ライター)

(愛カツ編集部)