男性の恋心

恋が始まる瞬間というのは、曖昧で無意識でとらえにくいもの。実は、気づいていないだけで、すでに相手に恋をしているという男性も少なくないかもしれません。今回は、男性が「これって恋かも?」と感じる瞬間について聞いてみました。「気になる男性の気持ちが読めない……」と悩む人は、早速、チェックしてみましょう。

男性の恋心

相手の好きな歌手や本に興味を持ち始める

「相手の好きな歌手の曲を車の中で聴くようになったり、好きなマンガを自分でも買って読むようになったりしたら、『好きなのかも』と思いますね。次に会った時に、好きな歌手やマンガの話で盛り上がれたら嬉しいなと思います」(23歳/美容師)

以前は全く興味のなかったものを、相手の影響で好きになり始めたら、恋愛対象としてかなり気になっている証拠。たまたま入ったお店でその歌手の曲が流れていただけで、相手のことを思い出したり、会いたくなったりするという男性も多いようです。

相手の親の存在に緊張するようになる

「学生の頃からよくお互いの家に遊びに行っていたのに、久しぶりに家に行くことになったら、なぜかとても緊張するようになっていて……。その時は、挨拶すらまともにできませんでした。相手のことを女性として意識するようになってきたからかな」(26歳/住宅メーカー勤務)

男性にとって、好きな女性の親というのは、どうしても結婚の挨拶を連想してしまうようです。相手のご両親にたまたま遭遇した際に友人の一人として紹介されたとしても、「自分のことどう思われたかな」と必要以上に気になってしまうのは、相手のことを意識しているからかもしれないですね。

ちょっとしたプレゼントやお土産をあげたくなる

「仕事で出張に行ったときに、その子が好きそうなものを見つけたら、つい買って帰ってしまいます。相手の喜んだ顔を見たくなりますね。」(32歳/アパレルショップ経営)

相手のために何かしてあげたくなる、何かプレゼントしたくなるというのも、恋愛感情のひとつ。特に男性は、好きな女性から「こんなのが欲しかった!」「いつもありがとう!」と感謝されることに幸せを感じやすいようです。仕事中や買い物中にも相手のことを考えてしまうというのも、かなり好きな証拠ですね。

辛いときに声を聞きたくなる

「体調を崩したときや仕事で失敗したときに、その子の声を聞きたくなったら『好きなのかな』と思いますね。いったん好きになると、声を聞いただけでテンションがあがります」(29歳/システムエンジニア)

弱った時ほど、好きな相手を求めるようになりますよね。辛い気持ちのときに「連絡してみようかな」と思い始めたら、それは恋かもしれません。

おわりに

男性が恋を自覚する瞬間は、実はシンプルなこと。気になる男性が「これって恋かも?」と無意識に感じてくれたら嬉しいですね!

(愛カツ編集部)