念願叶って彼氏ができて、幸せいっぱいのあなた。
でも実は、付き合って3ヶ月目でいきなり別れてしまうカップルが多いって知ってましたか?

実際、クリスマス前〜年末年始にかけてはカップルが激増しますが、その多くは長続きせず、春が近付く頃には別れていることが多いといいます。

「え?3ヶ月目じゃ、まだまだラブラブで、一番楽しい時期じゃないの?」
そう思ったあなたに、付き合って3ヵ月以内に別れてしまうカップルに多い「衝撃のその理由」をお教えします。

お互いのことを知らないまま付き合い初めた

近年「婚活産業」が普及した影響で、知り合ってすぐに付き合い始めるカップルが増えています。
また「『恋人がいる』というステータスが途切れるのは耐えられない」と、手近な相手と「取りあえず付き合い始める」人もいます。

この場合、お互いの内面をほとんど知らないまま恋人同士になるため、時間とともに相手がどんな人なのかを知っていくことになります。

「思っていたより良い人だった」とだんだん好きになっていける場合は良いのですが、逆に「思っていたよりイヤな人だった!」「こんなはずじゃなかった!」となった場合、些細なことでもそれに我慢できず、短期間で別れるケースがとても多いです。

「お見合いや婚活で知り合った方が、後々うまくいく確率が高い」と言われることがありますが、それは前者の場合限定のレアケースで、実際には顔や年収などの条件だけで付き合い始めても続かないようです。
(だからこそ結婚のなかなか決まらない「婚活リピーター」が増え、「婚活産業」がビジネスとして成り立っているとも言えますが(笑))

 

気持ちの盛り上がりに、男女でズレがある

「男と女は違う」とは、色々な面で言われることです。
それは付き合い始めの頃の気持ちの盛り上がりのピークにも言えること。

一般的に男性は、気持ちの盛り上がりは「告白して付き合い始めた直後まで」がピークで、いざ付き合い始めると落ち着いてしまいます。
逆に女性は、付き合い始めて2ヶ月くらいから2人の関係に対して安心感が出て、恋愛を楽しめるようになってきます。

つまり、女性の気持ちが盛り上がってくる頃には男性は落ち着いているという「温度差」が生じ、それによってお互いのすれ違いが起こるようになるのが、付き合い始めて3ヶ月頃というわけです。

この時期の破局を避けたいなら、まずは「男と女は、付き合い始めの気持ちの盛り上がりのピークが違う」、ひいては「男と女は違うのだ」ということを、常に頭に入れておくとよいでしょう。

 

良くも悪くも相手に慣れ、お互いにワガママになりやすくなる時期

付き合い初めて3ヶ月くらい経つと、良くも悪くも相手に対して「慣れ」を感じるようになります。
すると「このくらいなら言ってもいいかな」という甘えやワガママが、お互いに出てくるようになります。

筆者の知っているあるカップルは、彼女が「バイトで帰りが遅くなるから、車で迎えにきて!」などと彼氏に頻繁に依頼するようになり、彼氏はそれに従いつつも、だんだんと「1人の時間」を求めるようになっていき、最終的には別れていました。

長く付き合っていくためには、何でも言い合える対等の関係を築けることが必要不可欠です。
しかし、いくら「何でも言い合える仲」になっても、相手の都合や負担まで考えなくなってしまうのはNGです。

いかがでしたか?

そもそも1ヶ月、3ヶ月などの短い期間で別れてしまうカップルには、

◯相手を見た目・年収・職業などの条件だけで選んでいる
◯「恋人を作っておかなくては」という動機で付き合っている
◯相手の内面を知らずに付き合い始めている

という特徴が目立ちます。

長く付き合っていくためには、お互いに「安心できる関係」「居心地の良さが感じられる関係」でいることが、必要不可欠です。

婚活などではなかなか難しいことですが、条件だけで付き合うかどうかを決めるのではなく、その前にお互いの内面を知ることを大切にしてみませんか?(Nona/ライター)

(愛カツ編集部)