過去の恋

自分がフラれてしまったり、まだ未練があったりする恋のことは、いつまでも吹っ切ることができなかったりもするでしょう。

ただ、そんな状態でいつまでもいると、なかなか前に進むことも難しくなってしまうかも。

そこで今回は、「過去の恋」にすがってしまう原因を紹介します。

過去の恋

■「忘れよう」としすぎている

失恋をしたときは、何とかして別れた元カレのことを忘れようと頑張ったりもするでしょう。
でも実はそれは逆効果で、忘れようと思えば思うほど、結局は元カレのことを考えることになってしまいます。

いつまでも元カレのことを頭の中で思い浮かべていては、終わった恋からも抜け出せなくなるだけ。
無理に忘れようとするのではなく、やはりある程度は時間を費やすことも大事。
自然と元カレのことを考えなくなったら、その恋にすがることもなくなるはずですよ。

■「独りぼっち」に不安を感じる

すっと彼氏がいた状態から急にひとりになると、寂しさもかなり大きいですし、不安を感じたりもするもの。
その不安の気持ちばかりが大きくなっていくと、別れた元カレのことを引きずってしまったりもしやすいです。

失恋をした後に独りぼっちになるのは、とても重要な時間でもあります。
そこを逃げずに乗り越えることができると、大きく成長もできるし、より魅力的な女性へと一歩前進もするはず。
寂しさを解消するためだけに元カレにすがっても、結局は何の解決にもなりませんよ。

■無理に「新しい恋」をしようとする

失恋の傷は新しい恋で癒すのが一番いいと考える女性も多いですが、強引に無理やり新しい恋をしようとしても、失恋からは立ち直れないでしょう。
それどころか、「やっぱり私にはあの人しかいないかも」と、別れた元カレへの未練が大きくなってしまう可能性もあるかも。

本当に好きな男性ができて新しい恋をするのなら何の問題もないですが、終わった恋を忘れるためだけに新しい恋をしようとしても、ただ虚しくなるだけです。
余計に失恋の傷を大きくする危険性だってあるので、この方法がいい方向に向かう確率はかなり低いと言えますよ。

■思い出を「美化」しすぎる

思い出はどんどん「美化」されていきやすいものです。
特に、まだあなたに未練がある場合は、付き合っていた頃のいい思い出ばかりを頭に思い浮かべやすいので、美化も急速に進んでいくでしょう。

ただ、美化すればするほど、別れた元カレのことも引きずってしまうはず。
失恋した直後は仕方がないですが、ある程度の時間が経ったら、ひとりで思い出に浸ってばかりいずに、友人たちとの時間を持ったりすることも必要です。
美化された思い出の中でだけ生きたりしないためにも、ひとりで過ごす時間を減らすというのは有効な手段のひとつですよ。

おわりに

「過去の恋」にあまりにも執着しすぎると、次に進むこともできなくなります。復縁へと動くわけでもなくただ過去にすがってしまうのは、何もいい方向には向かわないでしょうからやめた方がいいですよ。 (山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)