褒め言葉

男性の心を掴むには、彼らを褒めてプライドをくすぐること、なんて言われます。そのため、好きな人を積極的に褒めるようにしている女子も多いのではないでしょうか。

しかし、男性だって褒められれば良いというわけではありません。中には、おべっかや社交辞令を嫌う男性もいます。今回は男性に対して、上っ面の褒め言葉とは思わせない「技あり褒め言葉」の例を5つ紹介します。

あなたの好きな男性を褒める時、ぜひ参考にしてみて下さい。

褒め言葉

①細身の男性を「ワイルド」と言って褒める

スレンダーな男性を前にした場合、どんな褒め言葉が浮かびますか? 体型はあまり目に入らず、頭の良さやファッションなどに対する褒め言葉が浮かぶのではないでしょうか。

実は、細身の男性に最も響くのは「ワイルド」という褒め言葉なのです。

たとえば、

「○○クンってすごい腕力あるんだね。ワイルド~!!」
「そんな所(秘境など)まで一人旅するんだ!○○クンてワイルド!」

という感じです。

彼らは「この子は細身のオレでもしっかり男と見てくれているんだな」と感じます。男としての自分を再認識させてくれた異性として、あなたのことを意識し始めることもあるのです。

こんな、他の女性が言わなそうなセリフで、カレに男女を意識させてみましょう。

②ストリート系ファッション纏う男性の「繊細さ」褒める

①とは逆に、ワイルドないでたちで街を闊歩する「ストリート系男子」。彼らを褒める時、クールだね、とか、アートや音楽に詳しそうだね、なんて言葉が出てきそうです。

ここで、あえて「○○くんて意外と繊細だよね」と言ってみましょう。これは、彼らにとって、あまり人から言われることのない言葉です。

しかし、この言葉は意外にもカレに「オレのことよくわかってるね!」と思わせる効果があるのです。

ファッションカルチャーに敏感な彼らは、感性が鋭いという意味において、確実に繊細です。

そしてそのような人は、サングラスなど掛けている強そうな見た目とは裏腹に、神経の細やかさも、通常持ち合わせています。自分を芸術家タイプだと考えていることもよくあります。

ストリート系男子には「繊細さ」を褒め、理解ある女として気になる存在になりましょう。

③ぱっと見平凡な男性に「色のチョイス」褒める

ぱっと見平凡な男性。彼氏というより旦那さん候補として気になるものの、褒めどころがよく分からない……。そういう人、周りに一人はいませんか?

こんな男性には、色のチョイスを褒めることです。カレの身につけている服やアイテムの色に注目してみましょう。

「いつもすごくいい色身につけてますね。色選びのこだわりとかあるんですか?」
「その色、他のアイテムと絶妙にマッチしてますね」

意外にも彼らの心に響きます。平凡男子は虚栄心こそ強くはないものの、彼らにも自分なりに美に対する向上心はあるものです。

普段女性から褒められることをあまり想定していない彼らには、そのセンスにスポットライトを当て、ドキドキさせてみましょう。

④無口な男性の奥深い一言に注目、「トークが一流ですね」

無口な男性。アウトプットが少ないと、どんな人なのかよく分からず、どう褒めていいのか分からなくなると思います。

こんな男性の、たまに発言する内容に注目してみて下さい。そこで、もし奥深いことやひねりのあることを言ったら、「トークが一流ですね」と言ってみましょう。

無口である人は、よくしゃべる人に比べて主張がないというわけではありません。比較的中立的な立場でものを考え、特定の意見を熱くプッシュする必要性を感じていないのです。

本来闘争本能を持ち、活発に議論するのを好む男性ですが、一種の悟りの状態に入っているような意識のレベルの高い男性は、ディベートで勝つことにあまり意味を見い出しません。

それよりも、平和的に解決するにはどうしたら良いか、皆の意見を総括するとどうなるか、といったことに思考を巡らせるタイプなのです。そのため、彼らのたまに発せられる言葉には重みや深みがあります。

もし気になる男性がこのようなタイプであれば、あえてトークを褒めて理解を示しましょう。同じレベルである、相性の良い女性だと思わせることができるはずです。

⑤アクティブで若々しい30代後半~40代男気には「年齢不詳ですよね」

アクティブで社交的な30代後~40代男性。若々しさや充実していそうなところを褒めたくなるかもしれません。しかしこれは多くの人から普段言われていることです。

そこで、あえて「年齢不詳ですよね」と褒めるのをオススメします。

この言葉で、若さ、アクティブさ、ミステリアスな色気、カリスマ性……など複数の要素を褒めていることになるからです。

30代後半~40代男性に「お若いですね」と言っても「いやもうオッサンだよ」なんて言われてしまいそうです。

現代人は、ファッションで若く見せることが可能ですが、彼らは20代男子より経済力があります。アイテムの高級感や磨かれたセンスで、若造ではないことがバレてしまいます。

そんな彼らは「若い」よりも「芸能人のような選ばれし者」と感じさせる「年齢不詳」という言葉に反応するのです。ステキなミドルの紳士に出会ったら、ぜひ言ってみて下さい。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

技のある褒め言葉のポイントは、「他の人(女性)が言及しなさそうな長所」に注目することです。

見た目の印象とは逆の特徴、カレの密かなこだわり……などにヒントがあります。「そんなこと初めて言われた!」とカレが喜ぶ姿を想像しながら、褒めポイントを探してみましょう。(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)